Google Chromeのユーザーエージェントを変える事が出来る拡張機能「User-Agent Switcher」

2012.06.05. Tsutomu Sakakura

3114747181 74e8ac318f

Photo by: GoDakshin

ブロガーやサイト運営者なら、もうiPhone版レイアウトの作成は無視できない案件。

和洋風◎では、去年あたりからモバイル版のアクセスがグイグイ伸びていて、今ではサイト全体の1/3またはそれ以上になってきております。

そんなわけで最近PC版よりモバイル版に力をいれているわけなのですが、iPhone版のレイアウトというのは、ユーザーエージェントがiPhoneになってないと確認できないんですねー。

さすがに毎回、実際のレイアウトをわざわざiPhoneでチェックするというのはとても不便でございます。

というわけで、今日はそんなときに役立つChrome拡張機能「User-Agent Switcher」をご紹介!

Chrome拡張機能「User-Agent Switcher」を使ってみよう!

Thumbnail Chrome ウェブストア - User-Agent Switcher
https://chrome.google.com/webstore/

User-Agent Switcherはここからダウンロードできます。

Skitched 20120605 101210
インストールすると、なんか怖い鉄仮面みたいなアイコンが出現します。これが「User-Agent Switcher」です。

クリックすると、このようにユーザーエージェントの一覧がでてきます。

Skitched 20120605 101609
各ブラウザ名をクリックすることで、iPhoneはもちろんのこと、Macを使いながらInternetExplorerになりきることも出来ますし、WindowsをつかいながらMac版のSafariになりきることも可能です。

Skitched 20120605 101802
ちなみに下のOr:のところで、文字列を入力すればオリジナルのユーザーエージェントにすることも可能です。(英数字のみOK)

Skitched 20120605 110038
では、今回はiPhoneになってみようと思います。iPhoneをクリックします。

Skitched 20120605 110152
そして見たいサイトでリロードしてみてください。iPhone版が出現するはずです。

iPhoneサイトのレイアウトをする際にちょーべんり。

この拡張機能を使えば、iPhoneサイトだろうがなんだろうが、Chromeで表示できるし、なおかつChromeの強力なデベロッパーツールをそのまま使えるのでコーディングもとてもしやすくなると思います。

というわけで、Chromeのユーザーエージェント変換ツールをお探しの方は、ぜひ「User-Agent Switcher」を使ってみて下さい!便利ですよ!


  • このエントリーをはてなブックマークに追加