暁の車
暁の車 - FictionJunction YUUKA


「暁の車」は、アニメ「機動戦士ガンダムSEED」の挿入歌である、FictionJunction YUUKAの3rdシングル。


「暁の車」は元々FictionJunction YUUKAのデビュー曲で「SUIT CD vol.4 Miguel Ayman ×Nicol Amarfi」の一つに収録されていたが、ファンから熱い希望もあって、シングルカットされた。(Wikipedia)


「暁の車」との出会いは友人の男が裏声で歌ったカラオケボックス・・・

暁の車の歌詞感想。

暁とは「戦争」を意味し、車は「兵器」を意味すると勝手に思ってます。


そして「暁の車」の歌詞は、戦火にむかった愛しい人への悲しみと戦争への怒りをぶつけたものかと。

暁の車の試聴感想。

まわりから見てみろと激しく進められ第一話をみてみたのですが、イケメンに群がる主人公のシーンで挫折し結局その先みていません 後半盛り上がるらしいんですがねぇ~。う~ん。


って感じでスルーしていたんですが、ある時カラオケで友人が「暁の車」を歌うことになり、カラオケのモニターに映っていたPVらしきものを見ていたら、物語をほとんど知らないのに涙が出そうなくらい感動してしまうハメに・・・。


あぁ~これは見ないといかんなぁ~と思いつつまだ見ていません かならずたぶん見ます


ってことで「暁の車」の試聴感想なわけなんですが、なんですかねぇ~最新に近いアニソンなのにこの重厚のあるレトロ感はなんなんでしょうか。 ボーカルどうのこうのより、曲の臨場感が半端じゃないんですよ。


「暁の車」が持つ、戦う人が逝ってしまうその悲壮感と、それによる感情の爆発。 それをうまく曲で表現していると思いますねぇ。 まさに残された人の悲劇というか。 う~ん。これは名曲だなぁ~。


ってかこんだけゴタクならべても曲を聴いてイイ!と思わないと名曲なんて言葉はつかえません。だが「暁の車」はゴタクが後からついてくるほど直感的にイイんですねぇ~。う~ん。 原曲とは大違いだったけど、友人には感謝しなければ・・・


関連:暁の車の歌詞
関連:暁の車を試聴
関連:暁の車をダウンロードicon

Destination (通常盤)
Destination (通常盤)
posted with amazlet at 09.02.24
FictionJunction YUUKA
ビクターエンタテインメント (2005-11-23)
売り上げランキング: 2000