Parade(初回限定盤)
Parade - 茅原実里


「Parade」は茅原実里の2枚目のアルバム。 全14曲収録され、そのうちシングル曲は「Paradise Lost」、「Melty tale strange」、「雨上がりの花よ咲け」の3曲である。


前作のアルバム「Contact」同様、畑亜貴とこだまさおりの作詞曲が交互しており、その他の作詞者はいない。


作曲者は、おなじみの菊田大介を初め、虹音、俊龍、藤末樹、Tatshが手がけている。


曲のコンセプトが一貫していた前作と違って、その名のとおり「Parade」な今作。

Paradeの全楽曲試聴感想。

★の数は満足度です。 ★5個で満点

01. 透明パークにて
はやくもエンディングかよっ?!と思わせるスローでマターリな曲。
これから始まる「Parade」を夢にも例えているような歌詞ですねー。

満足度:★★

透明パークにての歌詞


02. Voyager train
前曲から一転して、菊田大介作曲らしい風を思わせる雄大なメロディな「Voyager train」
まぁでも、やはりこういう曲調を擦りすぎている印象はアリだなぁ~。
微妙に違うんじゃなくて、バーン!とそろそろ一新してほしいなぁと。
新しい菊田大介の曲をそろそろ聴いてみたくなりましたねぇ。

満足度:★★

Voyager trainの歌詞


03. Prism in the name of hope
トランス調かつ、ポップなにおいも含んでいる「Prism in the name of hope」。
明るく伸び伸びと広々と歌うみのりんに注目ですねぇ。
残念なのが曲に変化があまりなく終始単調なのがたまにキズかなぁと。

満足度:★★

Prism in the name of hopeの歌詞


04. Fairy Tune
一転してミディアムテンポな「Fairy tune」。
午後の昼下がりにぴったりな曲調で、コーヒー片手に聴きたい一曲ですなぁ。
ものすごくふわりとやわらかくも歌えるみのりんの実力もやはり確かなもんですなぁ。
ジジジというノイズは、アルプスの少女ハイジ的なノホホンな気持ちにさせてくれる。 やっぱり暖炉の前的なイメージなんでしょうか。

満足度:★★★

Fairy Tuneの歌詞


05. Lush march!!
キラキラトランスといった感じでしょうか。
非常に柔らかい疾走感といった感じがしますねぇ。
Parade以降はこんな路線にいくのかもしれませんなぁ。

満足度:★★

Lush march!!の歌詞


06. そのとき僕は髪飾りを買う
キラキラトランスから、また一転してシックなバラードにチェンジ。
どこかシンデレラを思い起こさせる歌詞になってますねぇ。
みのりんのシングルに足らないのは、こういうシックな曲調だと思うんですよねぇ。
バラードなみのりんも中々いいじゃないですか。

満足度:★★

そのとき僕は髪飾りを買うの歌詞


07. Melty tale storage
Melty tale storage - 茅原実里の歌詞と試聴・視聴レビュー - 和洋風◎にて。


08. 蒼い孤島
綺麗で静寂なピアノ音から一気に天空に突き抜けるメロディ。
「Parade」で一番気にってしまった一曲。
一見菊田大介さん作曲かと思いきや俊龍さん。
サビの「Sail」「Same」の掛け合いはやはり否応なく盛り上がりますねぇ。
常にポロロンとピアノの音がなんともいえない高級感を加味してくれます。

満足度:★★★★

蒼い孤島の歌詞


09. 光
前作「Contact」にあってもおかしくない蒼い洞窟を思い起こさせてくれる「光」
やっぱりストリングスとみのりんの歌声はこの上なくマッチするなぁ。
シングルとリリースされても何の違和感もない盛り上がりをみせてくれます。

満足度:★★★

光の歌詞


10. Paradise Lost -at next nest-
【80点】Paradise Lost (喰霊-零-OP) - 茅原実里の歌詞と試聴・視聴レビュー - 和洋風◎にて。


11. FUTURE STAR
ものすごくカッコいいイントロからのスタート。 ライブとかで否応無しに盛り上がりそうだなぁ。
ライブの出だし曲になりそうな感じ。 そのくらい勢いのあるメロディ。
星空をテーマに歌わせたら、みのりんがアニソン界一位かもしれないなぁ~。

満足度:★★★.5

FUTURE STARの歌詞


12. 雨上がりの花よ咲け
雨上がりの花よ咲け - 茅原実里の歌詞と試聴・試聴レビュー - 和洋風◎にて。


13. 花束
いろんな要素、インディアン的な風景、宇宙的な雰囲気、ほんわかな空気等々がギュッと凝縮された一曲。
「Parade」中一番Parade的な曲かもしれませんねぇ。ライブのアンコール前のエンディングに使われるとみた!
なんかこれ聴いたらなにもかもすべてよしっ!という気持ちにさせてくれるから不思議である。

満足度:★★★★.5

花束の歌詞


14. everlasting...
ついにラストの1曲。 花束も十分ラストっぽい曲なんですが、曲調的には一番お別れムードな一曲ですね。
ちなみに「everlasting」の意味は永遠です。やっぱりこっちの方がエンディングになるんでしょうか。
ものすごく王道的なメロディですが、これはこれでいいと思える。花束では泣けないかもしれないけど、everlasting...では泣いてしまいそう。 ライブ当選しないかなぁ・・・。

満足度:★★★.8

everlasting...の歌詞

するぷ的Paradeベスト5

1位:花束
2位:蒼い孤島
3位:everlasting...
4位:FUTURE STAR
5位:Fairy Tune


シングル曲は除く。

Parade総括。

やはりParadeの名前の通り、いろいろな、みのりんを拝めるアルバムになってるとおもいます。 Contactの名残もありつつ、新しい風も受けているという。


ただ、バラードももっといれてほしかった。
涙が止まらないほどの至高のバラードを1曲、ぜひ今度の機会にでも歌ってもらいたいなぁと。


Parade以降のシングルに注目ですねぇ。
また激しい曲にしても新しいステージに進んで欲しいと思うのは僕だけではないはず。
期待してます!