5th story CD「Roman」
朝と夜の物語 - Sound Horizon


「朝と夜の物語」はSound Horizonの5枚目のストーリーアルバム「Roman」の1曲目。


ちなみにこのアルバム「Roman」は、大塚明夫、緑川光、田村ゆかり、能登麻美子、Ike Nelson、若本規夫、飛田展男、Sublime、保志総一朗、深見梨加、ゆかな、皆口裕子、日高のり子といった著名な声優陣がナレータを吹き込んでいる豪華な構成になっている。


作詞、作曲はともにrevoが担当。


レインさんご紹介ありがとうございました!!

7分といった長編だがあっという間に時が過ぎる複雑多様な音構成。

たぶんこの曲がSound Horizonと初めて出会った曲だったと思います。


なんか聴いたことある声がするなぁ~と思ったら田村ゆかりさん、大塚明夫さん、緑川光さんらがナレータいれてるんですよ。(こんなとこまでスネークしてたんですねw大塚さんw


そういえば、今年いったアニサマ2008でもSound Horizonのターンの時も、この曲を歌ってくれましたねぇ。 事前に知ってなかったら、あそこで度肝抜かれていたかもしれません。(ざんねんながらナレータ部分は違う人でしたが・・・。)


朝と夜の物語の魅力・・・。


うーん、ミーハーかもしれないけど、やっぱり豪華なナレータ部分じゃないでしょうかねぇ~。
ラストの緑川光の声はやはりハードボイルドだし、田村ゆかりの声はやはり可愛すぎる


ラストの混沌とした声の混ざり合いはまさに至高の一品。 あぁ金かかってんなぁ~この曲と思ったのは僕だけではないはずでしょう


音に関していえば、一つ一つの独立したパーツがしっかり組み合っているんですよねぇ。


ロック風味あり、クラシック風味あり、ナレータあり、ねっとり男ボーカルあり、薄く透明で綺麗な女ボーカルありと、かなりなんでもありなんですが、各自の音が歯車としてきっちり噛み合ってるなぁと。


しかも、どこ聴いてもちゃんとキャラが立っているから、7分聴いていても、ちっとも長いという気がしない。


まさにサンホラの魅力ここにアリ!!といった曲ですねぇ。 一度おためしアレ。 かなりおすすめな一品です!