アンインストール
アンインストール - 石川智晶


「アンインストール」は石川智晶の4枚目のシングル。 アニメ「ぼくらの」のOPテーマである。


作詞・作曲は石川智晶自身が手がけ、その歌詞の世界観は「ぼくらの」の原作者をうならせた。(Wikipedia)


アンインストールに出会えたキッカケは真っ黒な歌詞職人がひしめくあのニコニコ動画・・・。

アンインストールの歌詞感想。

一般的に認知されている「アンインストール」とは、すなわち「パソコンのプログラムを削除」する際に使う言葉ですが、おそらくこの曲では「人間の死」を表していると思いますね。


しかもそれをアンインストールと名付けたのは、人間の死なんて「アンインストール」するときのように、はかなくむなしいものだとするために付けたんじゃないかと。

アンインストール アンインストール この星の無数の塵のひとつだと 今の僕には理解できない アンインストール アンインストール 恐れを知らない戦士のように 振る舞うしかない アンインストール

しかし、死を受け入れなくてはならなくなった人間はアンインストールのように死にたくはない。 だがそのように理解しなくてもならない・・・。


まさに戦争というものに参加しなくてはならなくなったときこんな感情になるんだろうなぁ~と、このサビをよむと胸を真綿でしめられるような感情を起こさせてくれますね・・・。 「アンインストール」・・・。なんて悲しいタイトルだ・・・。

アンインストールの試聴感想。

冒頭でも書いたとおり、「アンインストール」との出会いは、ココ


あんな貧相なコメント欄でどうやってあれだけ鮮やかかつ、この曲を表現できる歌詞を演出できんだ!?とうなっていましたが、ああいう思い入れのあるコメントがつくのもこの「アンインストール」の曲が神曲だという証拠でしょうねぇ~。


「アンインストール」の魅力・・・・。 今の流行りの声とは一線を画す、どこかサントラチックであり、クラシック的であり、しかしどちらにも所属していないあの味わいのあるハスキーな声。


そしてあの「アンインストール」の連呼。 う~ん理屈無しでこの曲に取り込まれてしまいますねぇ~。 どこか宇宙の片隅に捨てられたような気分にすらされるこの感情・・・・。 こういうのを神曲というのでしょうねぇ~。


ちょっと今日はひとりでいたいのよ・・・。ってかたは「アンインストール」はどうでしょうか? さらに寂しくなってしまうか、こんなゴミのよう削除されてたまるか!と思うかはあなたの心次第・・・。


関連:アンインストールの歌詞
関連:アンインストールを試聴

僕はまだ何も知らない。
石川智晶
ビクターエンタテインメント (2007-08-22)
売り上げランキング: 785