創聖のアクエリオン
創聖のアクエリオン - AKINO


「創聖のアクエリオン」は、アニメ「創聖のアクエリオン」の初代OPテーマ。 ってか作曲を担当しているのが菅野ようこだったとは今の今まで気がつかなかった・・・。


正直いってアニメ自体の内容はまったくわからないが、友人のクルマで聴かされ後々になって頭からその「一万年と二千年前から愛してる」のフレーズが離れなくなったのを強烈に覚えている。


何度聴いても飽きないこのメロディは何なんだろう。 菅野ようこ・・・。奴は天才か!

創聖のアクエリオンの歌詞感想。

アニメ「創聖のアクエリオン」の内容をまったく知らないので、かなり間違った解釈になるんでしょうが、


殺戮の天使が人間に恋をしてしまい毒気を抜かされ、たとえその人が死んでしまってもまた輪廻転生してまた巡り合えるその日まで、一万年と二千年前たっても、さらに一億と二千年後になっても思い続けるという悲しい一途な天使の歌って感じがしましたねぇ~。

創聖のアクエリオンの試聴感想。

一万年と二千年前から 愛してる
八千年過ぎた頃から もっと 恋しくなった
一億と二千年あとも 愛してる


なんてぶっとんだサビなんだろう・・・・。こんなぶっとんだ歌詞はアニソンでしかありえない。 しかしこのぶっとんだフレーズがメロディにのったときの聴き心地のよさといったらありえないほどの中毒性を生むのである。


まったく迷惑な話。 人間には最長でも100年くらいしか生きられない。しかし「創聖のアクエリオン」を聴いてしまうことによって「一万年と二千年前から 愛してる」などと、嘘なんて言葉が当てはまらない程の嘘フレーズをしばらく口ずさんでしまうほど洗脳されてしまうのだから。


しかし、こういうJ-POPでは考えられない歌詞や、キャッチーなメロディこそがアニソンの存在理由だと思うのだ。


最近のアニソンはあまりにおとなしすぎるのである。 J-POPアーティストの起用なんてもってのほかである。 アニメだからつける嘘、虚実、幻想など他のアニソンももっとつき続けるべきである。


話がそれてしまった^^;


「創聖のアクエリオン」の聴き所ですが、サビはもちろん強烈ですが、イントロも見逃せないところである。


この妙に哀愁とインパクトのあるアコースティックギター?サウンドが、仕事からの帰り道、iPodで突然ランダム再生されてもスキップすることなく、「創聖のアクエリオン」が流れ終わるまで家のあたりをグルグルまわるハメになる最大の原因といえよう。(これ聴いちゃうとサビまで聴きたくなるもんなぁ~。)


そういえば他のアニメ番組以外でもこのイントロ部分が流れるのをよく聴くなぁ~。 それを聴くたび「最後までいけよ!」と何度心の声を発したことか!!


ゴホン・・・・そんな「創聖のアクエリオン」ぜひ一度試聴してみてはどうでしょうか!?


関連:創聖のアクエリオンの歌詞
関連:創聖のアクエリオンを試聴
関連:創聖のアクエリオンをダウンロードicon

Lost in Time
Lost in Time
posted with amazlet at 09.02.25
AKINO from bless4
JVC entertainment(V)(M) (2007-11-07)
売り上げランキング: 5056