非可逆圧縮音楽、最響?な「Ogg Vorbis」を使ってみよう♪非可逆圧縮音楽のシェアは今も昔も圧倒的にMP3なわけなんですが、MP3の他に色々な非可逆圧縮音楽は存在します。AAC、WMA、TwinVQ、ATRAC3などなど、数をあげたらキリがないほど多いんですが、その数多ある非可逆圧縮音楽の中でも特に音質がイイとされるのは「Ogg Vorbis」というモノです。


しかし一つ「Ogg Vorbis」といっても色々なエンコード方法があります。どのエンコード方法も個性があるのですが、その数多あるエンコード方法の中でももっとも音質が良いとされる「aoTuV」でのエンコード方法をご紹介します。
 

「Ogg Vorbis」CDからのエンコード方法。

▽用意するモノ

SoundPlayer Lilith 「Ogg Vorbis」を再生できるプレイヤー。
Exact Audio Copy
CDから直接「Ogg Vorbis」形式に圧縮するのに必要なCDリッピングソフト。 Installerヴァージョンがラクだと思います。
aoTuV
「Ogg Vorbis」形式に圧縮させるソフト。「OggEnc Win32 version (reference)」をダウンロードしてください。

Exact Audio Copyを「Ogg Vorbis」用に設定する
クリックすると拡大します。

用意するモノから「ao TuV」の「OggEnc Win32 version (reference)」と「Exact Audio Copy」をダウンロードしたら、早速設定します。上のメニューから「EAC」-「エンコードオプション」-「外部エンコード」タブをクリックして、「エンコードに外部プログラムを使用する」にチェックをいれます。あとは上の画像のとおり設定を施してください。 なおコマンドラインには「%l-q 3%l%h-q 10%h %s %d」と打ち込んでください。


Exact Audio Copyで「Ogg Vorbis」でエンコードする。
設定して「OK」をクリックしたら、CDを挿入してoggに変換したい曲を選んで右クリックから「選択をしたトラックをコピー」-「圧縮」をクリックして保存するところと名前を決めて「OK」をクリックして完了です。パソコンにも寄りますが大体1分~2分で圧縮完了すると思います。

「Ogg Vorbis」Waveファイルからのエンコード方法。

▽用意するモノ

SoundPlayer Lilith
「Ogg Vorbis」を再生できるプレイヤー。
oggdropXPd V.1.8.7 using aoTuVb4.51
ドラッグ&ドロップでoggに圧縮してくれるaoTuV方式でのエンコードソフト。
oggdropXPd V.1.8.7 using aoTuVb4.51日本語化パッチ
oggdropXPd V.1.8.7 using aoTuVb4.51を日本語化してくれるパッチ。

oggdropXPd V.1.8.7 using aoTuVb4.51日本語パッチ化
まず「oggdropXPd V.1.8.7 using aoTuVb4.51」本体をダウンロードしてから解凍します。そしたら日本語パッチをダウンロードして「oggdropXPd V.1.8.7 using aoTuVb4.51」のあるフォルダに日本語パッチをドラッグ&ドロップしてください。ファイル名は「oggdropxpd187aob451gen_051208_jp.exe」です。


oggdropXPd V.1.8.7 using aoTuVb4.51でエンコード設定①
そしたら、「oggdropXPd.exe」をダブルクリックして起動してください。上のようなのが起動しますからそれを右クリック-「エンコード設定」をクリックしてください。


oggdropXPd V.1.8.7 using aoTuVb4.51でエンコード設定②
そして、上のように設定してください。赤丸のところを10にすれば最高音質になるとされています。最後に「適用」をクリックして完了です。


oggdropXPd V.1.8.7 using aoTuVb4.51でエンコード
あとはogg化したいWaveファイルをドロップするだけです。すると上のように魚が回転して魚が止まったらエンコード完了です。できたファイルはwaveファイルと同じ場所に保存されます。

あとがき

以上です。あとはLilithで再生すれば聴けます。一応「aoTuV」は低ビットレートに強いとされるエンコード方法なんですが、高ビットレートに強いとされる「GT3b2」が捕捉できなかったので、どなたか居場所知っている方いませんでしょうか?(^^;) 次はiTunesでoggを再生できる裏技をお知らせしたいと思います♪