ネットに転がる音質向上ネタを集めてみました。今年一発目の記事はやっぱり音質向上で♪


いろいろな方法がある音質向上法なんですが、グレーな方法もあったりします。そんな訳で今までグレーもしくは未確認でご紹介できなかった音質向上法を一挙ご紹介します。 実際に成果があがるかどうかはまったくの未確認。正月休みを利用して試してみてはどうでしょうか?
 

その1:部屋の灯を蛍光灯から白熱灯に変える。

蛍光灯は、激しく点滅して点灯しているからこれを白熱灯に変えれば部屋の電圧が安定するとのこと。

その2:5.1chサラウンド再生でセンタースピーカーの音を殺して左右に振り分ける。

ぼくも5.1chなので試してみようかと思います。でも出来たかなぁ~ぼくのアンプ・・・・・(´∀`;)

その3:そのPCやAV機器、スピーカーを水平におく。

スピーカーの安定は音質につながります。

その4:電源に家庭用のOAタップを使う。

電源ラインサージのやつが効果ありとのこと。たまたまぼくもそうだったり・・・・。線はなるべく短いやつにしましょう。

その5:たこ足配線や部屋に刺さっているコンセントをなるべく減らす。

これはなんとなくよさげ。その1との同じ理由とのことでしょうか。ノイズも低減されるとのこと。

その6:部屋の床にものをおかず、きれいに掃除する。

いろいろモノがあると音が上手く響かないとのこと。これもなんとなくよさげ。気分的にもいいよさそうですし。

その7:スピーカーの上にモノを置く。

スピーカーはなるべく固定したほうがいいです。そんなことが理由とのこと。これはぼくもクルマのスピーカーにて体験済み。

その8:コンセントや各端子を綺麗に。

これも電圧安定のための理由とのこと。

その9:車の内張をはがして穴をうめる。

いわゆるデッドニングのことですね。僕もちゃっかりやってたりします。効果は結構高いです。和洋風◎でもいずれしっかり紹介したいです。

その10:CDのディスクの外周を黄緑色の蛍光ペンで塗る

060104_2203~01.gifこれはぼくも試してみたいですねぇ。水性のペンでいいそうなのでやり直しもききますし。穴の内周も塗るといいみたいですね。この方法はCDのレーザーの乱反射を抑えて音を100%引き出すためとのこと。


こうして並べてみるとやっぱり音って面白いです。音をよくするためにこれだけの小技や情報がでてくるのは他のジャンルにはないんじゃないでしょうか。まだまだネットにはいろいろありそうなのでこれからも溜まったら紹介したいと思います♪