音質を向上するまえにボリュームを上げろ!音質向上術の記事を長らくお休みしていたので、久しぶりに書いてみたいと思います。 音質向上の技だけじゃなく、コラムっぽいのも書いていこうかなぁと。


んで今回いいたい事ともうしますと。


「音質向上をするまえにボリュームを上げろ!」

僕の周りには結構音にウルさい人が多くて、オーディオ(特にクルマ)にお金を掛ける人が少なくなく、やれカロッツェリア。やれアルパイン。やれケンウッドなどなど。 中には10万を超える程それに費やしてる人もすくなくないんですが、大体みんなそれぞれ口にするのが、


「正直、音がよくなったって実感がわかないんだよねぇ~。」


なに?10万もかけているのに音が変わらない? 5万ほどでも実感がわきまくった僕だけに信じられず、ちょっとその人のクルマのヨコに乗り実際聴いてみることに。


・・・・・・・・・。


おい!こんな小さい音で実感が沸くわけねぇだろ!!!


なんでボリューム上げないのよ?と聴くとあっさり「ウルサイからと」。


・・・・あのなぁ。大体音楽をウルサイと感じるなら10万もかけるなよ!fdjkgfhかんgwjgふじこ!!
(もちろん実際には言ってないけど!・・・)


ぼくが思うには、スピーカーを変えるということは、極端に言えば強いボリュームに耐えるために変えると思ってます。


なぜボリュームを上げるのか?それは音を良く、綺麗に、クリアに聴きたいがため。


しかし、安い、ダメなスピーカーはボリュームを上げることによって音が割れます。 重低音もビビって、とてもじゃないですが、強いボリュームに耐えきれません。 音質にこだわらない人なら、小さい音で満足もできるでしょうが、音質を気にする人は、それなりの音量で聴きたいんじゃないでしょうか。


音を上げることで、ああこんな音も出てたんだ。こんな声もでてたんだ。と聴き取れるようになるのです。 ボリュームをスピーカーを変える前と同じ音量のままでは、純正品とブランド品を変えたところで、音質はほとんど変わらないと僕は思います。


なぜならそのボリュームは、社外スピーカー、アンプなどが、力を発揮するところでなく、純正が力を発揮するボリュームだからです。


スピーカー、アンプを変えることで、音が鮮明になる。 音がクリアになる。と、メーカーは、うたっていますが、これはボリュームを上げなければ実感することは、難しいです。 しかも僕ら、素人の耳ならなおさらです。 


確かに闇雲にボリュームを上げたところで、ただウルサイだけです。 僕のボリューム選定方法は、まず徐々にボリュームを上げて、耳に触るなとおもったところから、耳にさわらなくなる線にまでボリュームを下げます。(無理してボリュームを上げすぎないように!)


もちろん曲によってはボリュームの量は違います。 人によっても違うでしょう。 これを一つ一つ探し当てるのが楽しいのです。


ってことで、長くなりましたが、音質を上げたいと思うなら、ある程度ボリュームを上げて、カロッツェリアなり、アルパインなりに変えていくことをオススメします。


スピーカーやアンプを変えて、実感が沸かなかったら一度ボリュームを上げて聴いてみてください。 よほどのモノじゃないかぎり、きっと音質はあがっているはずですから!


注意:ボリュームの上げすぎは耳に負担をもたらしますので、気をつけてください。とくにイヤホンなどでボリュームを上げすぎると大変危険です。


オススメAV機器

BOSE MediaMate II マルチメディア・スピーカーシステム ブラック
BOSE MediaMate II マルチメディア・スピーカーシステム ブラック
パソコンの音質をあげるのならコレがオススメです。
重低音を好む方には特に。実際僕も使ってます♪


【在庫有ります】■メーカー:carrozzeria(カロッツェリア)■商品名:1DIN CD/チューナー・DSP...
carrozzeria(パイオニア)DEH-P710
ぼくがクルマにつかってるカーオーディオ。オプションを使えばiPodも操作可能です。アンプを追加する構想があるならコレで十分だと思います。