今の時代CDを買うメリットなんて音質が良いことしかない
CDが売れなくなった。


こんな声をよく聞きますねぇ~。 和洋風◎でも音楽レビューの合間にAmazonの商品リンクを張らせてもらってますが、ぶっちゃけ、そんなに売れていません。


しかし、ダウンロード音楽となると売れ行きは好調のようで、着うたやiTunes Music Storeなんかはよく売れているらしい話をよく聞きます。


ってことは人々は音楽から疎遠になったわけではなく、CDを買うという行為から疎遠になっているんですね。


それもそのはず、CDなんてダウンロード音楽に比べ、音質がいいくらいしか取り柄がないんですから。

んじゃ着うたやiTunes Music Storeではなぜ音楽が売れているのか?
それは音楽を買うという行為がCDに比べてハンパなく手軽だからだと思いますねぇ。


クリック一発で購入でき、アルバムでも狙った曲だけ聴けちゃうんですから、「あっ今TVで流れているこの曲ききたい」という衝動にサクッと対応してくれるのですからこんなラクなことはありません。


しかも最近のiPod Touchなどになると、音楽端末から曲を買えちゃうんだから、う~ん買うという行為での利便性は圧倒的です。

しかしよく考えてみてくれ。着うたフルなんてぼったくりなんだぜ。
大体着うたフルを購入する際の金額は300円~500円くらいです。


一見安そうにみえる金額ですが、もの凄い暴利だとおもいます。


着うたフルなんて、CDと比べて販売する手間がダンチなくらい無いです。


曲をサーバに置いておけば、勝手に各々がダウンロードしていってくれるのですから。 CDのようにわざわざ焼く手間、製造する手間なんてないのですから、半永久的にほぼノーコストで曲を売ることができるのです。


しかも歌詞カードがついてこないし、自分用にコピーすることも不可。 新しく買った携帯に転送することでさえ不可。携帯の貧弱なスピーカーでしか聴けない。


こんな欠陥だらけの音源に300円もの価値なんてあるんでしょうか?僕は着うたフルなんて、1曲100円以下でもいいと思います。


しかもほとんど編集する作業のいらない「着うたフル」の方が、着信用のサイズに編集してある「着うた」より高いなんて納得がいかない。 「着うたフル」の方が安くあるべきでしょう。

なぜCDの魅力をもっとユーザーに伝えないのか?
先ほど冒頭で「CDなんてダウンロード音楽に比べて音質がいいくらいしか取り柄がないんですから。」といいましたが、CD最大の魅力である「CDの音質は素晴らしい」ということを、CDを売る側は、なぜもっとユーザーに伝えないんですかねぇ。


iTunes Music Storeで買える曲なんて、やはりCDに比べれば音質は低いし、着うたフルなんて論外なのに。


コストで完璧に負けているんだから、質で勝負しないことには話にならないでしょうに。 CDの魅力である、コピーを不可にして、さらに音質まで下げたCCCDなんて愚の骨頂です。


もっとCDにしかできないことを模索してもらいたいですねぇ~。 プロモーションビデオDVDを絶対付録するようにしたら絶対買う人も増えると思うけどなぁ~。初回限定版のみなんて、ケチなことをいわずに。


せめて着うたフルなんかには負けてほしくないですねぇ~。 CDの健闘を祈っています


※し、しかしiTunes Music Storeが音質を劣化しないと言われる可逆圧縮技術Apple Losslessで音楽の販売を始めたならば・・・・。 やはりもっと付録をたしていくべき・・・CD頑張れ・・・・( ゚д゚)