akiba-ryokou-title.jpg
ゴールデンウィークの5月3日と4日にオタクたちのメッカ秋葉原ことアキバに某サイト管理人といってきました。 あらゆる意味で度肝抜かされましたよ・・・・えぇ・・・。

一日目。
新幹線にのり、ついたのは秋葉原。 まずは駅のすぐふもとの秋葉原UDXにいってきました。 目的はアニメのアフレコができるとのことで向かったのですが、持ち前の人見知りと恥ずかしがりが作用して結局アフレコはできず・・・。 ってかアフレコするアニメがエヴァってハードル高すぎだろ!!!ヽ(`Д')ノウワァァァーン!!

mizuki-nana-sign.jpg

hirano-aya-sign.jpg

shinjikun.jpg

しかたないので、展示してあった声優さんのサイン色紙を撮影。 もちろん水樹奈々と平野綾はパチリとw あぁシンジくんもいましたねぇ~w


otoko-benjo.jpg
ってかUDXの男便所の標識がなんか変だったのでこれもパチリ。 管理人2人してこのガニマタな標識に爆笑して、他のお客さんに白い目でみられt(ny


akiba-ryokou-title.jpg
さて、UDXでの用事が終わったので、さっそく電気街へ。 まずはオーディオ関連がそろっていると思われるラジオ会館へいってみました。


radiokaikan.jpg
あれ?ここは、ラジオ会館のはずなのに、なんか大人な格好をしているフィギュアや本が積まれた店が多いこと多いことww お客さんもギュウギュウずめですよw ここはラジオ会館だったと思ったのですが・・・・


ketteitekinibreak.jpg
ノートパソコンをのりで買ってしまい、荷物がゴロゴロとしてきたのでいったんホテルへチェックイン。 荷物を置いて、いざ再出陣。 こんどは電気街の裏側へいってみました。 某ショップの広告が異常だったのでこれもパチリw ってか決定的に壊れてるものをおすすめすんなよw


gaijin-kebabu.jpg
裏側にあったトルコ人がやっているお店でケバブなるものを食べることに。 これがなかなかウマイ!いや旨すぎ!肝心なケバブの写真を撮らなかったのが悔やまれるなぁ~。


kebabu02.jpg
このデカイ肉をこそぎ落とすのを見るだけでも生ツバが・・・・・w


hizamakuramimikaki.jpg
おなかも一杯になったところで、近くのメイド喫茶と、「ひざまくらみみかき」という、なんともダイレクトなお店へ。 一緒にいった某サイト管理人は「・・・・・!!」と、とてもここでは書けない営業妨害なコメントを残す始末w まぁでも結構流行っていました。 こんな店なかなかないもんなぁ~。


kurepu.jpg
この後はどこか居酒屋でもいって飲み明かそうとも思ったのですが、どこも店がしまっており飲み明かせない始末w アキバは夜が早いんですねぇ~。噂に聞いてはいましたが、まだ23:00くらいでどこも店がやっていない状態とは・・・。 アキバの住人たちはすぐに家に帰って趣味にいそしんでしまうからでしょうか。 クレープを買って、近くのローソンで酒を買って飲んでこの日はご就寝zzzZZZZ。

二日目。
seitaimeido.jpg
二日目はほとんど写真がないんですよねぇ~w 完全に気を抜いてしまったw 一応秋葉原のほかに中野ブロードウェイにいく予定だったので、アキバはお昼までということで、整体マッサージしてくれるメイド喫茶へ。 どんなごっついメイドさんが出てくるかと思えば、よく喋る自称お笑い担当という、きゃしゃなメイドさんが出現。 意外に力も強く整体師の資格もあるとのことで、歩き疲れた足によく効きました。 これは某サイト管理人も「話もおもしろかったし納得だな。またいってもいいくらいだ。」とご納得の様子。


people.jpg
3日の日も人が多かったけれど、4日の日もハンパない人の多さww 道なんて完全に歩行者天国化していたり、ひげ面でセーラー服きて女装している面々、真面目な路上ライブを真面目に観戦している長門さんのコスプレしているおっさんなど。 もう非日常すぎて面白かったですねぇ~w ブラブラしているだけでも楽しめる街なんてアキバぐらいじゃないかとw


写真は以上ですね。 ぜひ機会があれば一度見に行ってみるのをおすすめしますよ。 大阪の日本橋もスゴイと思いましたが、アキバは、さらにぶっとんだ感じがしました。 某サイト管理人もいっていましたが、なんか「萌」なんて超越しているような気がしますねぇ。 年齢無制限なぶん歌舞伎町より子供には毒かも


このあと中野ブロードウェイにもいったのですが、デジカメの容量がつまってしまったのと、体力の限界が・・・ こんど行ったときはこのことを教訓にしてもうちょっとましなレビュー書きたいとおもいます~m(_ _;)m