するぷ流「Googleマップ&ストリートビュー」活用術
iPhone最強のアプリは?


と問われれば、即答するのがiPhoneに標準で搭載されている「Googleマップ」です。


行きたい場所のキーワードを打ち込めば、それに向けて確実な道筋をつけてくれる素晴らしいアプリで、特に方向音痴の僕には、まさに神ツールといえるシロモノだと思います。


実際、東京旅行や大阪旅行、名古屋旅行にて大きく力を発揮してくれました。
そこで、するぷ流の「Googleマップ」活用術を書いてみようかと思います。


すでに使いこなしている人にはアレかもしれませんが、とても便利なアプリなので、まだ使ったことないという方はぜひ読んでいただければ( ´∀`)

行きたい店を感覚的に調べられるGoogleマップ。

たとえば渋谷にある吉野屋にいくとします。


渋谷にあるすべての吉野屋の位置を赤ピンにて一斉に表示

さっそくGoogleマップを立ち上げて「吉野屋 渋谷」と検索してみましょう。
すると渋谷にあるすべての吉野屋の位置を赤ピンにて一斉に表示してくれます。


「渋谷 牛丼」と打っても、渋谷圏内の牛丼屋を表示
ここで凄いのが「渋谷 牛丼」と打っても、渋谷圏内の牛丼屋を表示してくれるのです。


「渋谷 スイーツ」でも渋谷圏内のお菓子屋さんを表示してくれます。
スイーツの店に行きたかったら「渋谷 スイーツ」でも渋谷圏内のお菓子屋さんを表示してくれます。


このように、ものすごく感覚的に検索しても、ちゃんと表示してくれるのがGoogleマップの大きな魅力。

意外に知られてないみたいなのでしっかり活用しちゃいましょう。

行きたいお店へ早速向かおう!

行きたいお店がみつかったら、早速向かいましょう。

今検索したばかりの「渋谷 吉野屋」にて、表示されている赤いピンをタッチ
例として、今検索したばかりの「渋谷 吉野屋」にて、表示されている赤いピンをタッチします。


矢印のボタンをタッチ
今回は「吉野屋・渋谷109前店」に向かうとします。 タッチしたら上の図のような吹き出しがでるので、矢印のボタンをタッチしましょう。


情報が表示
すると情報が表示されます。(Webサイトや住所、電話番号などが表示される)
下にスクロールして「ここへの道順」をタッチします。


経路をタッチ
すると上の図のようになりますので、出発が現在地になっているのを確認して、経路をタッチします。


出発のボックス右の×ボタンをタッチ
現在地になってない場合は、出発のボックス右の×ボタンをタッチします。


出発のボックス右の×ボタンをタッチ
すると本アイコンが表示されます。


出発のボックス右の×ボタンをタッチ
それをタッチするとブックマークモードになり、現在地をタッチしましょう。


ルートを紫色で表示してくれる。
このように、行きたい場所にいくルートを紫色で表示してくれます。
右上の開始をクリックしましょう。


ルートを紫色で表示してくれる。
このように地図が大きくなるので、あとは紫のルートをたどってテクテク歩きましょう。


今この図では、現時点を表示する点がないですが、実際では表示されます。
自分が動けば現時点を表示する点も動くので、ルート通り歩いているか、常に確認できるので便利です。

ストリートビュー機能を使えばさらに現地の状況を把握できる。

こんな感じでGoogleマップを使えば大体迷うことなく目的地にたどりつくことができますが、僕みたいな方向音痴はどこも同じ場所に見えてしまうもの


そこで行きたい店の周りの風景をストリートビュー機能で把握すれば、状況把握もカンタンになります。


左の赤いアイコンをタッチ
「吉野屋・渋谷109前店」の周りの風景を知りたい場合、ピンをタッチすると上のような吹き出しが表示されるので、左の赤いアイコンをタッチします。


左の赤いアイコンをタッチ
するとストリートビュー機能が発動し、「吉野屋・渋谷109前店」まわりの風景が表示されます。

ブックマークを使えばさらに便利に。

たとえば旅行でホテルを予約した場合や、よくいく場所だった場合、事前に場所をブックマークしておけば、当日に検索する手間が省けて便利です。


左の赤いアイコンをタッチ
まず泊まるホテルを検索します。
例として「カプセルイン秋葉原」に泊まるとします。
吹き出しの右にある矢印をタッチします。


左の赤いアイコンをタッチ
情報が表示されるので、下に下げて「ブックマークに追加」をタッチします。


左の赤いアイコンをタッチ
するとこのように表示されるので、保存をタッチします。


左の赤いアイコンをタッチ
そこで当日現在位置から、「カプセルイン秋葉原」に行きたい場合、Googleマップを起動して下にある経路をタッチします。


経路モード
経路モードになるので、出発を現在地であることを確認し、到着のボックスの右にある×ボタンをタッチします。


本のアイコンが表示されるのでそれをタッチ
本のアイコンが表示されるのでそれをタッチします。


本のアイコンが表示されるのでそれをタッチ
すると前日ブックマークしておいた「カプセルイン秋葉原」があるのでそれをタッチします。


本のアイコンが表示されるのでそれをタッチ
すると下のようにそこまでの経路が表示されます。


旅行事前に行く場所をブックマークしておくとかなり便利なので、ぜひつかってみましょう!

Googleマップを使う上での注意点。

ってわけでかなり便利なGoogleマップなわけなんですが、もちろん弱点もあります。


1.GPSはちゃんと空が見えるところじゃないと効かない。
2.電池の減りがかなり早くなる。
3.方角を表示してくれない。
4.重くなるときがある。


一番陥りやすいのが、GPSが効かなくて方向違いな場所を表示しちゃったり、もしくは使えなかったりするんですねぇ~。


駅の中とかだと、まず使えないので、ちゃんと空が見えるところでGoogleマップは使いましょう。 GPSが効かないところで使用すると電池の減りも早くなるみたいなので、なおさらです。


あと重くなったら、速攻でリセットしましょう。 文字入力がもたつくようなら、すぐリセットして使った方が速いです。 ここでもたついていると電池が減ってしまうので、ここはサクッとやっちゃった方がいいと思います。


あと最後に要望なのが磁石機能もつけてくれないかなぁ~と。
南東とかどこなん?っていつも思うので、ぜひつけてもらいたいですねぇ~。