iPhone app wall

Photo by : alliewiki

この間、10万本を突破したばかりですが、2010年には、その3倍の30万本を超えるかもしれないそうです。


そうなったら大体のことはiPhoneで出来ちゃうようになるんだろうなぁ〜。

2010年にはiPhoneアプリの数が今の3倍、300,000まで増加するとIDCは予測している。また、Androidアプリの数も急速に増加している。Androlib.comウェブサイトは、18,000+のAndroidアプリを販売しているが、先月だけで3,544のアプリがリリースされている。(

引用元:iPhoneあっぷ使ってみた: 2010年にはiPhoneアプリの数が300,000になるとIDCが予測

数が増えるという事は、注目もされにくくなるということで、ただ良いアプリを作るだけでなく、開発力と同じくらいプロモーション力も必要になるでしょうね〜。ってかもう既にそうなっていると思いますね〜。


ただこの数は全世界のアプリの数でしょうから、日本語アプリの数は今どんなもんなんでしょうかね〜。Appleが国別のアプリの数も公開してくれるといいんですが・・・。


話はそれますが、iPhoneアプリ開発中に痛烈に思った愚痴を少し言わせてください・・・。


iPhone 3Gはもうちょっと速く設計すべきだったぜ!ジョブズさんよ!!ヽ(;´Д`)ノウワーン


関連:App Storeにあるアプリのうち80%はインストールすらされていない。 | 和洋風◎
関連:おすすめiPhone・iPod touchアプリ | 和洋風◎