Slashdotによると、AppleがApp Storeをアプリの数で世界最大のアプリストアとするよりも、魅力的なコンテンツを並べること、つまり質において世界最大のアプリストアになるべく、シフトチェンジしたとAppleInsiderが伝えているようです。

これは開発者としてはこわくなるねぇ。。

App Store Review Guidelinesには、ユーザーが次から次へとアプリを購入するように戦略的にアプリのインストールを促すことや、ランキングのレビューの作為的な操作を禁止する条項が含まれている。また、既存のアプリの機能をコピーしただけのアプリや、役に立つ機能のないアプリは却下される可能性が高いとする条項もある

引用元:アップル、アプリ数を増やす拡大路線から質重視へ方向転換 - スラッシュドット・ジャパン

どういうアプリが質が良くて、どういったアプリが悪いのかという具体的な例があればいいのですが、しばらくは曖昧なままになりそうですねぇ。


なんとなくAppleの勧める路線から小さからず大きからずとも、逸脱するものはバンバン弾かれることになりそう。。。


まぁ今まで以上に審査が厳しくなってくることは間違いないでしょう。


開発者に立場からは戦々恐々ですが、ユーザーの立場からしては歓迎すべきことになるでしょう。


まぁマジメにシコシコ作って行けば問題ないでしょうなぁ。
というわけで、シコシコとコシのあるようなアプリを作って行きたいと思うます。(とはいえ質に転ずるならもう少し市場の単価向上を願いたいものですなぁ。現状はあまりにも安すぎる。。。)


(Posted by するぷろ for iPad