Flash CS5

Photo by : bm.iphone

Flash CS5の目玉機能ともいえる、iPhoneアプリ変換機能「Packager for iPhone」の詳細が、MACお宝鑑定団 blog(羅針盤)さんに掲載されていたのでご紹介〜。

このセッションで明らかになった事は「Adobe Flash Professional CS5」を扱えるだけでなく「ActionScript 3.0」のプログラミング知識が必要ということで、アプリケーションのチューニングなどを行うには、両方の知識が必要となります。

引用元:Adobe、Adobe Flash Professional CS5のiPhone書き出し機能「Packager for iPhone」の詳細情報を公開 - MACお宝鑑定団 blog(羅針盤)

ああ、やはりプログラミング技術は結局いるわけか・・・。(;・∀・)


ただ、FLASHのActionScriptに慣れた方には、いい機能ですよね〜。FLASHはちょこっと触ったことがある程度ですが、もしかしたらゲームアプリならFLASHの方がラクに作れちゃうのかもしれません。


また、パフォーマンスチェックの際にはiPhone上でテストできる「Flash Debugger」なる機能や後々iPhoneシュミレータも搭載されるとのこと。


通常、xcodeでiPhone実機でテストする際は、Appleに1万800円支払わないと出来ないのですが、CS5は無料で出来ちゃうわけですなぁ・・・。(※どっちにしてもAppStoreで販売する際は1万800円は必要だしCS5自体もちろん有料。)


てなわけで、Flash CS5が気になる方は、MACお宝鑑定団 blog(羅針盤)さんへGo!