会談

相次ぐフランスでのiPhone爆発事件について、フランスの閣僚とアップル幹部が会談したそうです。

アップルは「数件の報告を調査中ですが、今のところiPhone 3GSにおけるバッテリーの異常加熱の例は確認されていません」「iPhoneのガラスにひびが入る事例は、これまで調査したところすべて外部からの圧力がかけられたせいと判明しています」と、現時点での責任を否定しています。 なおこの2週間で8件の破裂事例が報告されているというフランスでは、さっそくHerve Novelli消費者問題担当大臣が仏アップルのMichel Coulomb氏と会談。Novelli氏は「まだ誰の責任とも言えない」と語っています。

「iPhone破裂事故」問題、アップル幹部とフランス閣僚が会談

ついに閣僚まで出てくる事態になってしまったか〜。
実際に爆発の現場を見た訳じゃないので、なんとも言えませんが何の気なしに、突然爆発してるなら本当に怖い話です。


ただ、アップル側はガラスのひびは外部からの圧力と説明しており、真相はどうなんでしょうね〜。


TwitterでTLを見ていると、爆発によるガラス飛び散りを防ぐためフィルムを張るというつぶやきを多く見るようになりましたが、原因がはっきりしない現時点においてこれが一番の対策なのかもしれませんね〜。


まぁ僕はiPhone 3GSから素っ裸派なので、まだもうちょっとフィルムを張るのは検討したいと思いますが・・・。