iphoneファームウェア2.1を試してみました。
iPhoneファームウェア2.1試してみました!


iPhoneファームウェアで改善された点は以下の通り。

・通話発信時のエラーと通話中のエラーによる回線切断の発生頻度の減少
・ほとんどのユーザを対象としたバッテリー寿命の劇的な向上
・iTunes へのバックアップの所要時間の劇的な減少
・メールの信頼性の向上(特に POP および Exchange アカウントのメールフェッチ時)
・他社製アプリケーションのインストールの速度の向上
・他社製アプリケーションが多数インストールされている場合にハングおよびクラッシュを生ずる問題の修正
・SMS のパフォーマンスの向上
・アドレスデータの読み込みおよび検索速度の向上
・3G 信号強度表示の正確性の向上
・SMS 着信時の警告音繰り返し機能(2 回まで追加可能)
・バスコード入力に 10 回失敗後のデータ消去オプション
・Genius プレイリスト作成機能

「iPhone 2.1」で日本語入力や電波状況が改善。

電波がバリバリになりましたw

実際に使ってみた感想といえば、基本的に自宅での電波はショボショボな2本たってれば良い方ぐらいだったのですが、ファームウェア2.1にしてからは、マックスの5本たつようになりました!


日本語入力も、Safariに6ウィンドウ立ち上げ、YouTubeも検索かけっぱなし、Googleマップも起動するも、しっかり入力ができました。


ようやくこれで、入力に関するストレスは無くなったのかなぁ。 iPhoneの操作はこの日本語入力がキモだったりするので、これでひとまず安心といったところでしょうか。


まだ実感はしていませんが、バッテリーの持ちも劇的に変わったらしいです。
ハードを変えなくても、中のソフトが変わるだけで、劇的にバッテリーが保つモンなんですねぇ。


ってかそうなら今までのiPodも、もっと保つようにバージョンアップしてほしいもんですが・・・・