iPhone

iPhoneは世界では売れているけど国内では微妙」という声がなんとなく多かった気がするんですが、やっぱり国内でもiPhoneは売れているようです!


なんと、2009年7月もっとも売れていた携帯電話は「iPhone 3GS 32GB」とのこと!

アップルの「iPhone 3GS」が、GfK Japanが集計する国内主要量販店を対象とした7月の販売ランキングで、月間販売台数1位の座を獲得した。日本市場において、iPhone 3GSが月間1位を達成したことは注目に値する。 海外メーカー製、しかも利用できないキャリア公式サービスも多いスマートフォンが、1カ月の間に日本で最も多く売れたことは、おそらく過去に例のないことであり、改めて触れておきたい。

「iPhone 3GS」が月間1位を記録したという事実 - ITmedia +D モバイル

スマートフォンが従来の携帯電話を押さえているいう事と、このランキングは32GBと16GBが分散していても一位という事が凄い!


思い起こせば、初代iPhoneが発表されてから、「この製品は凄い事になるぞ!絶対買う!」と目を付けたにも関わらず、なかなか日本でiPhoneが発売されないことに枕を濡らしつつ、iPod touchがリリースされたときは、「いや俺はiPhoneだから・・・」と我慢したっけ・・・。 (まぁiPhone発売ギリギリで我慢できずに買ってしまったけどw)


しかしながら、ようやくリリースされたけれど、「いやiPhoneはダメ」、「日本じゃ売れねぇよ」という声にくやしさを感じつつ、「この製品の魅力はこんなもんじゃねぇ!見ていろよ今に!」と思い続けようやく、世間に広まりつつある今・・・。


そういえばTwitterなんか見ても異様にiPhoneに乗り換えたという声が多いんですよね〜。 まぁ類は友を呼ぶってやつかもしれませんが、最近本当に乗り換えたって声が多いような気がしますよ。


なんか感慨深いなぁ〜。 うれしいと同時に、これ以上あんまりマジョリティ側になるんじゃねぇ!と思っちゃったりもしますが・・・


そういえばiPhone 3Gリリース時に弱点と言われていた、文字入力の遅延、絵文字、@softbank.ne.jpのメアド、コピペの問題をちゃんと克服してくれましたねぇ〜。これらの努力があって、このランキングの結果があると思います! ありがとう!Apple、ソフトバンク!


さてあとは、おさいふケータイが出来ないのと、ケータイサイトが普通に閲覧できない弱点を克服するだけ! この快進撃を続けるためにも実装の程、ぜひともよろしくお願いいたします(-人-)


via:「iPhone 3GS」が月間1位を記録したという事実 - はてひつ!