Photo by :iSuppli

気になる、記になる…さんによると、iPhone 4のパーツコストは、187.51ドル(日本円で、約1万9000円)だそうです。

おそるべし。iPhoneのビジネスモデル。

この数字が正しいとするならば、米国の2年縛りなしの価格が、599ドルということで、本体の利益は約400ドルというわけですか。


また、2年縛りの新規契約だと、400ドルの中から、キャリアがほぼ400ドル肩代わりしてるということになるのでしょうか。(真相はわかりませんが。)


iPhone本体の売上で、キャリアに入るのはほぼ無いと言われていますが、そりゃ2年契約してもらわないと割に合わないわな。。。w


さらに、Appleは、iPhoneを売った後でもApp Store、iTunes Storeで売上がだせるわけで、Appleにとってはまさに楽園のようなモデルといえるでしょう。


その点キャリア側は、通信料だけで考えればパケットガンガン使われて定額を強いられるわけで、なんか可哀想な気もしますな。最近AT&Tが、従量制にしたのも分かる気がします。日本では通話はセカンド携帯に頼る人も多いみたいですし。(まぁそれは電波が悪いせいだけど)


といっても、我が日本国、ソフトバンクには意地でも定額を貫いてもらいたいと思っ取りますが!


もはや、iPhone、iPadがない生活など考えられないので、ぜひともそこら辺は死守していただきたい。お頼み申します、孫社長。。。