iPhoneにつかえるソフトバンクモバイルの料金プラン講座。
いや~、ついにソフトバンクモバイルにおけるiPhoneの料金プランが発表されましたね!


iPhone 3Gに適用できる料金プランは、ホワイトプラン、オレンジプラン、ブループランとなりました。


といっても、私ドコモユーザーなので、さっぱりわからんです・・・・。


ってことでiPhoneに乗り換えるため、ソフトバンクの料金プランとは一体どんなものなのか調べてみました!

ホワイトプランとは?

・月額は980円。
・AM1:00からPM9:00までのソフトバンクモバイル同士の電話(音声)が無料。
・PM9:00からAM1:00までのソフトバンクモバイル同士、他キャリアへの電話(音声)は21円/30秒
・無料通話はない。
・ソフトバンクモバイルの第3世代(3G)携帯同士のメール通信料はタダ。

午後9:00までってのが気になるんですが、ソフトバンク同士なら通話無料ってのが良いなぁ~。 午後9:00以降の通話料が21円/30秒ってことは、ドコモの最低プランであるタイプSSより高くなるってことか・・・。 それだけネックかなぁ。


電話する人の多くにソフトバンクの人が多いなら、迷わずホワイトプランでしょう。


ってかiPhoneならば、誰かがSkypeアプリ的なものを作ってくれそうw そうすりゃ全部タダなのに


ホワイトプラン | SoftBank

オレンジプランとは?

・元々はauからの移民をつくるために名付けられた
・自分のスタイルにあった利用頻度に合わせて選べる料金プラン。
新・自分割引で基本使用料が50%~52.9%OFF(2年単位のご契約になります)
・あまった無料通信をずっとくりこせる。
・SSプランが、ソフトバンクの方が安いが、他は通話代、基本使用料ともにauの方が安い。

ほとんどauの方が安いし、通話料も小数点分ソフトバンクの方が高いw
平日にガンガン電話使う人にはいいプランかもしれません。 ディタイムSがおすすめ。


オレンジプラン(WX) | SoftBank
フルサポートコース用料金プラン | 料金・割引 | au by KDDI

ブループランとは?

・ドコモからの乗り換えを狙って作られたプラン。
・自分のスタイルにあった利用頻度に合わせて選べる料金プラン。
・自分割引50、家族割引MAX50で基本使用料50%OFF
・無料通信二ヶ月繰り越し。
・タイプSSのみ基本料金が、ドコモにくらべて安いが、通話料はドコモが安い。 あとはみんなドコモの方が安い。

こちらもオレンジプランと同じく、本家ドコモの方がSSをのぞいてすべてにおいて安いw
平日も休日も電話使い倒したい方はブループランのLLがおすすめ。

ブループラン | SoftBank
ベーシックプラン | 料金・割引 | NTTドコモ

パケット定額フル

・月額5,985円
・どうやらiPhone独自のものっぽい
・パケットし放題のように中間地点がないっぽい
・Siベーシックパック(月額315円)に必ず加入しなくてはならない。

パケットし放題 | SoftBank

料金プラン総括。

まとめると、とにかく安くしたいならホワイトプラン。


平日に電話を多く使う人なら、オレンジプラン。


全般的に電話使うなら、ブループランといった感じでしょうか。


もちろん周りの人がソフトバンクの人ばっかならもちろん通話無料になるホワイトプランでしょうし。


ってかもうちょっとわかりやすくしてほしいなぁ。 ホワイトとか色別でなく、目的別にもうちょっとプランを絞って欲しいもんだけど。。。


ってことで、いろいろ検討しつつ自分にあったプランを模索してみてください♪