マルチメッセンジャーアプリ「fring」において、iPhoneでビデオ通話が可能になったそうです!


ただしフロントカメラが無いため一方通行ですが・・・。

iPhoneでビデオ通話に対応する場合の問題といえばフロントカメラがなくお互いの顔を見ながら話せないことですが、今回の対応では音声は双方向・動画は一方通行となっています。つまり相手にこちらの顔はみえなくても、相手側の映像を見つつの通話は可能。

引用元:マルチメッセンジャー fring、iPhoneでビデオ通話に対応

まぁiPhoneの仕様としてフロントカメラが無いため、お互い顔を合わせながらのビデオ通話が出来ないのがネックですが、また一つiPhoneが便利の階段を一段上った気がしますなぁ〜。

Macにはかならずフロントカメラがついてますし、このままiPhoneのみに搭載されないままというのは考えにくいので、次回のiPhoneあたりに搭載されてほしいなぁ〜。

ただ残念なのが、3G回線ではビデオ通話出来ないということ。 まぁおそらく3Gではノイズまみれの静止画のスライドショー状態になるでしょうけど、将来的にはAppleが標準でビデオ通話を搭載してほしいなぁ〜。

ちなみにfringは無料でApp Storeにて配布されています。

関連:fringをダウンロード