regret

こないだお伝えした「iPhoneに感染するワームウィルスが発生!」。


そのワームを作った作者がこんなに広がるとは思わなかったと後悔しているようです。


もう二度とこんな迷惑なもんつくんじゃねーぞ!

先日iPhoneに感染する初のワーム「Ikee」が登場したが、作者はオーストラリアに住む21歳のアストレー・タウンズさんだった。彼がこのワームを作成したのは、iPhoneのrootパスワードを変更していない人が多いことに気付いたのがきっかけだった。彼は試しにウイルスを放ってみることにしたが、「こんなに広がるとは思っていなかった。10〜15人くらいにしか感染しないと思っていた」という。

引用元:せかにゅ:初のiPhoneワームの作者、「こんなに広がるとは」と後悔 - ITmedia News

ウィルスつくるのって結構時間がかかると思うんですよね〜。見返りもなく、ただ人が困るってだけでしょう。そんなもんを作るのにわざわざ膨大な時間をかけて、こうやって後悔してる・・・。うーん・・・。


ウィルスを作る程の技術があるなら、もっとためになるアプリかなにかを開発してくれればいいのになぁ〜。もったいない気がしてならないですよ。


ちなみに、このウィルスの作者は携帯番号をネットにさらされたり、脅迫されたりしているようです・・・。 ただiPhoneアプリ制作会社からスカウトを受けているようで、将来便利なアプリを作って借りを返して欲しいですねぇ・・・。


via:初のiPhoneワームの作者、「こんなに広がるとは」と後悔 - はてひつ!