iPad mini

ついにソフトバンクによる、iPad miniの料金プランが発表されましたね!ここに料金プランに関するまとめを記しておきます!

ソフトバンク版「iPad mini」の料金プラン

iPad mini 16GBiPad mini 32GBiPad mini 64GB
分割支払金1,650円1,980円2,310円
iPad向け月月割-1,650円-1,650円-1,650円
実質負担額(2年間)0円7,920円15,840円
ベーシックデータ定額プラン for 4G LTE5,460円/月〜5985円/月
ゼロから定額プラン for 4G LTE0〜4,935円
ソフトバンクWi-Fiスポット*0円〜490円
ウェブ基本使用料0円〜315円

ソフトバンク版「iPad mini」の割引オプション

特典・条件新規契約機種変更
スマホまとめて割ソフトバンクケータイをすでに利用中なら、iPadの料金プラン基本使用料が2年間0円から利用可能に。
スマホ下取り割持っているiPadを下取り(スマホファミリー割と併用できない)
スマホファミリー割家族(一人一人)の基本使用料が2,980円/月に(スマホ下取り割と併用できない)×
スマホBB割ホワイトBBもしくはYahoo!BBとiPad miniをセットで購入した場合、iPad基本使用料が2年間最大1,480円/月割引

ソフトバンク版「iPad mini」の一括価格

iPad mini 16GBiPad mini 32GBiPad mini 64GB
価格39,800円47,520円55,440円

要点:1 スマホまとめて割を適用した場合のみ「( iPad 専用)ゼロから定額プラン for 4G LTE」が使えるように。

ソフトバンクのケータイをすでに契約中の場合、「スマホまとめて割」が適用できます。スマホまとめて割を適用すると、「( iPad 専用)ゼロから定額プラン for 4G LTE」が使えるようになり、それをチョイスすれば、基本使用料0円/月から4,935円/月の間でiPad mini 3G/LTE版を使う事ができます。

要点2: スマホまとめて割を適用したら、基本使用料が下がる。

また、通常の( iPad 専用)ベーシックデータ定額プラン for 4G LTEの金額も5,985円/月から、4,410円/月になります。常にマックスまで使うのなら、( iPad 専用)ベーシックデータ定額プラン for 4G LTEの方が500円ほど安いので、どちらを選択するのか自分のパケット使用量と相談してみましょう。

要点3: スマホまとめて割を適用すれば、契約事務手数料/契約変更手数料/機種変更手数料、ユニバーサルサービス料も無料に。

スマホまとめて割を適用すれば、契約事務手数料/契約変更手数料/機種変更手数料、ユニバーサルサービス料も無料になります。

要点4: スマホ下取り割とスマホファミリー割の併用はできない。

ちなみに、スマホ下取り割とスマホファミリー割りの併用は出来ません。スマホ下取り割より、スマホファミリー割りの方が恩恵がでかいので、どちらかを選べるならファミリー割りを選択しましょう。

あとがき

今回のiPad miniの料金プランもなかなか分かりづらい部分も多いですが、なるたけわかりやすくなるように、今後も和洋風は料金プランの詳細を調査していきます!わからない部分や、調査してほしい部分がありましたら、コメントいただける幸いです!(`_´)ゞ

ちなみに、ここで紹介した料金は、ソフトバンク直営店で契約した場合の金額となります。

他の店舗や家電量販店だと、この金額より高くなる場合があるので、なるべく直営店を利用するようにしましょう。

近くに直営店がない場合や店舗まで訪れるのが面倒だという方は、ネットの直営店である、ソフトバンクオンラインショップを利用することをおすすめします。

KDDI(au)版のiPad miniの料金プランも書いてみました↓↓

ThumbnailKDDI(au)のiPad mini 3G/LTE版の新規契約・機種変更の料金プランと一括価格まとめ。 | 和洋風KAI