Google Voiceってなんなん?

なんか、iPhoneサイト周りでは、App StoreがGoogle Voiceの承認を却下したことの話題で持ち切りのようですね〜。 そもそもGoogle Voiceってどんなアプリなのか分からないので、調べてみました。

無料サービスのGoogle Voiceは、「1つの番号で、生活のあらゆる場面にアクセス」を提供する。つまり、1つの電話番号への着信が、職場、モバイル機器、自宅、ホテルの部屋などどこへでも転送されるのだ。 ボイスメール(留守電メッセージ)はプログラムによってテキスト化され、電子メールやショート・メッセージ・サービス(SMS)のメッセージで転送される。そのほかにも、SMSメッセージのスマートな取り扱いや、無料の電話会議など多数の特徴を備える。

電話を革新する『Google Voice』に、通信市場が制覇される? | WIRED VISION

留守番電話がテキスト化されてメールやSMSに転送ってのは凄いな〜。
そういえば留守番電話って聴くまでが凄く時間かかるので、サクッと読めそうなこれは便利かも。(iPhone 3.0になって大分留守番電話をきくのは楽になりましたが。)


しかもGoogle Voiceの電話番号を一つ持っていれば、たとえ他キャリアへ移っても電話番号が変わらないと。



この動画が、実際のiPhoneアプリ「Google Voice」のデモ動画です。
正直機能的には、「もうすでにiPhoneにあんじゃん!」って感じなのですが、魅力はどうやら通信料金のようですね〜。

どんな電話機でも着信電話を受けることができるようになる。米国内でのGoogle Voice経由の通話は無料。テキストメッセージも無料だ。

iPhoneキラー?----企業向け機能が魅力のGoogle Voice − @IT

国内電話が、携帯、固定電話、パソコンに関わらず無料ならば、そら人気が出ても仕方が無い


ただ、電話する際は、どうやってるんだろう? 結局携帯電話会社の電波を使うんじゃ意味がないだろうし、Skypeアプリと同じく、無線LANでの接続って感じなんだろうか。


またもちろん弱点もあるわけで・・・。

Google Voiceには制約もある。まず、ユーザーはGoogle Voiceの番号をグーグルから購入しなければならない。また、新たな電話番号を顧客に知らせなくてはならないという理由でGoogle Voiceを敬遠する企業もあるかもしれない。

iPhoneキラー?----企業向け機能が魅力のGoogle Voice − @IT

まぁ無料になるなら電話番号の変更なんて別に苦の内に入らないとは思いますけどね〜。

AT&Tが「iPhoneを独占しなくなる日がいつかやってくる」という様なコメントをしたのもこういった経緯でAppleとAT&Tが不仲になったからなのかもしれませんね・・・。 そして、AppleがGoogle Voiceの承認を拒否した件でFCCがAppleとAT&Tに質問状を提出したようです。

アップル、GoogleVoiceのAppStore登録を拒否。 - 携帯総合研究所

そしてGoogle Voiceを却下したことで、アメリカのお上が動く事に。。。
もしこれが元でGoogle VoiceがiPhoneで使えるようになれば我々は嬉しいけど、ソフトバンクやAT&Tは戦々恐々だろうな〜。

GoogleのCEOであるエリック・シュミット氏がAppleの取締役を退任したようです!

グーグルCEOエリック・シュミット、Appleの取締役を退任。 | ぼくがMacを使う理由。

そして、そのあおりを受けてか、Appleの取締役だったGoogleのCEOエリック・シュミット氏が退任したりと。。。


話がそれましたが、Google Voiceは結局どういうアプリなのかというのをまとめると!


Google Voiceまとめ。

  • Google Voiceを使う事であらゆる端末の電話番号を1本化できる。
  • ただし、Google Voiceの電話番号は購入しなければならない。
  • Google Voiceを使う事で、どの端末からも電話、SMSが可能。
  • 留守番電話をテキスト化することができて、さらにそれをSMSなりメールで送信可能。
  • 米国内の通話が無料。 国際電話だと有料だが、従来のものより安い。
  • App StoreがGoogle Voiceのアプリ承認を却下。
  • 承認却下についてAppleに米国のお上の調査が入ることに。

こんなところでしょうか。 他にも何かあれば教えていただけると助かります!!