itunes-foobar2000_00.gif久しぶりのiPod裏技になりますね(;´∀`)

今回ご紹介する裏技は、iTunesの弱点といわれている音質の低さを音質が良いとされているfoobar2000のエンジンを使って補強するという裏技です♪

レジストリを、いじることになるのでご使用は自己責任で!

▽用意するモノ

iTunes
裏技豊富で、プレイリスト機能便利すぎな、個人的に最強な音楽プレイヤー。
foobar2000
非常に軽い音楽プレイヤーソフト。音質も良いとされている。
Multi-plugin2.4.2 for iTunes7
iTunes7のスキンを変更できたり、演奏エンジンをfoobar2000に変えられるソフト

インストールしよう♪
iTunes7、foobar2000、Multi-plugin2.4.2 for iTunes7の順番でそれぞれインストールしときましょう♪

Multi-plugin2.4.2 for iTunes7の設定をしよう。
すべてのインストールが終わったら早速iTunes7を起動します。

itunes-foobar2000_01.jpg iTunes7を起動したらメニューバーの「編集」-「設定」をクリックし、Multi-pluginタブをクリックします。さらに、Otherタブをクリックし、上の画像どおり設定しましょう。

itunes-foobar2000_02.jpg 上のようなダイアログがでるので、OKをクリック。

itunes-foobar2000_03.jpg そして最後にOKをクリックして設定完了です。 本当ならここで、foobar2000のエンジンで再生が可能となります。ならない方は下へ↓↓

以下の設定でもfoobar2000エンジンでの再生出来ない方へ
以下の設定を施しても、foobar2000のエンジンで再生出来ない場合があります(^^;) 実はボクもこのケースでしたが、レジストリを追加することで再生が可能になりました。

最初にも書きましたが、レジストリをいじると最悪PCが動かなくなることがありますので自己責任で!

手順1.タスクバーの「スタート」ボタン-「ファイル名を指定して実行」をクリックします。

手順2.名前の欄に「regedit」と記入して「ok」ボタンをクリック。
itunes-foobar2000_04.jpg

手順3.HKEY_LOCAL_MACHINE\Software\に新しいキー「foobar2000」を追加します。
itunes-foobar2000_05.jpg

手順4.下の画像のように右クリックから「新規」-「文字列値」にて下の値を入力していきます。
注意:値の名前は、右クリックからの追加時に名前を付けてください。値のデータは出来た項目をダブルクリックで編集可能です。 itunes-foobar2000_06.jpg itunes-foobar2000_07.jpg

値の名前 「InstallDir」 値のデータ「C:\Program Files\foobar2000」
値の名前 「StartMenuDir」 値のデータ「foobar2000」

あとは念のためPCを再起動して、iTunes7を起動しましょう。上で行った設定を確認して、再生することでfoobar2000エンジンでの再生が可能となってるはずです。

次のバージョンでは修正されるとのことなので、もう少し待って行ってみてもいいかもしれません♪

最後に
以上です。少々難しいですが、また自分のiTunes7がパワーアップしたかと思うと顔がニヤけてきます 一度おためしあれ♪