5718296862 4b58e7bcbb

Photo by : Nico Kaiser

おはようございます! どうしたらiPhoneで美味しそうに料理の写真を撮れるのだろうかと、いつも考えている、するぷ( @isloop )です。


今まで1年くらい、当ブログでは、めしログという食べ歩き記事をiPhoneの写真を使って書いてきました。


ちょっと今日は、そのめしログで料理の写真を撮るときに、なるべく美味しそうに撮れるよう気をつけてきた4つのことを書いてみたいと思います。

1. 料理になるべくカメラを近づける。

これをするだけでだいぶ美味そうに撮れます。料理全体が撮れないじゃんと思われるかもしれませんが、伝えたいのは「料理のカタチ」より「美味そうさ」なので、なるべく近づけてます。


このように、全体を撮るよりも・・・。



どアップのほうが美味そう!(ちなみにこの肉塊の詳細はここに書いています!

2. 料理にカメラを向けたらしばらく置いておいて光を集める。

20111129211954

料理にカメラを向けたらシャッターを切る前に、料理が光りだすまで待ちます。


光るとはどういうことだ?


と思われるかもしれませんが、ためしにやってみてください。カメラをむけてしばらく置いておくと料理が光り出すのです。その瞬間を撮ると、結構美味そうに撮れます。

3. なるべく明るいところで料理を撮る。

iPhoneは明るいところでは結構綺麗にとれますが、暗いところでは結構キツイです。だから、ちょっとムーディーな雰囲気のお店だと美味しそうに撮るのが難しかったりします。


ですので、暗めのお店では、なるべく照明が料理にあたるようにして撮影しましょう。


そういえば、iPhone 4Sからは暗いところでも綺麗に撮れるようになってますね。ほんとその一点だけで、iPhone 4Sが欲しい・・・。欲しい・・・。

4. 標準カメラのHDRモードを使う。

やっぱりフルサイズの写真がとれる、標準カメラが一番iPhoneで綺麗に写真が撮れますねー。さらにHDRをオンにするとまた一段と綺麗に撮れる。


個人的には基本静止してるものは、HDRを使うべきじゃないかなーと思ってます。


まぁ静止していない料理はないとは思いますが。


ちなみに、標準カメラのHDRをオンにする方法は、カメラを起動して「オプション」をタップしてHDRをタップするとできます。


※ まぁさすがにシャッター音がしちゃまずそうなところは、静音カメラの「OneCam」を使うんですけどね・・・。

「美味そうな写真」イコール「説得力」。

こんな感じで日々、料理の写真を撮ってます。


やっぱり、どれだけ美味いと文章で連呼しても、写真がまずそうだったら説得力ないので、結構まじめに撮ってます。


といってもなかなか難しいんですけどねー。


なんか他にも、美味そうに撮れる技があればぜひ教えて欲しいですねー。


そんな、ごちゃごちゃやってねーでiPhone 4S買えば解決だよ」って声はごもっともだと思うのですが・・・(´Д⊂ヽ


関連:めしログ - するぷの食べ歩き珍道記 | 和洋風◎
関連:ソフトバンク 対 au by KDDI!両社の「iPhone 4S」新規契約・機種変更時の価格と料金プランを比較してみた。 | 和洋風◎
関連:@ttachi さんとゆくPart3!メシとの相性ハンパない!東京・浅草「グリル佐久良」の「ビーフシチュー」を喰らう! | 和洋風◎