iPhoneの動作をSafariを完全終了させて軽くする方法。

初期のiPhoneはSafari次第で軽くなったり、重くなったりしてたもんですが、数々のiPhoneソフトウェアアップデートで、最近はかなり安定しているわけですが、そういえばSafariってどうすれば完全に終了できるんだろう?とずっと疑問でした。


そんな疑問をぬぐってくれるエントリーを発見。

iPhoneやiPod touchでWebを見ていると次第に動作が重くなる事ありませんか? そんな時僕は空きのメモリ領域を作るのですが、メモリを解放する時「Memory Statusicon」を使って強制的に解放するか、iPhone(iPod touch)を再起動させています。

iPhoneのメモリを解放する小ネタ - Inside Out

なるほど!最初のウィンドウも切っておくわけか!ってことで手順をスクリーンショット付きでご紹介~♪

iPhoneの動作をSafariを完全終了させて軽くする手順

まず一番右下のウィンドウアイコンをタッチ

まずSafariの一番右下のウィンドウアイコンをタッチします。


赤Xアイコンをタッチしてウィンドウを消していきます。
左上に表示される赤Xアイコンをタッチしてウィンドウを消していきます。


どんどん消します。
どんどん消します。


ラストのウィンドウになったら画面が戻りますが、懲りずに右下のウィンドウアイコンをタッチ
ラストのウィンドウになったら画面が戻りますが、懲りずに右下のウィンドウアイコンをタッチします。


新規ページをタッチ
1番左下の新規ページアイコンをタッチします。


まず一番右下のウィンドウアイコンをタッチ
右に空白の新規ページが表示されたら、ラストのウィンドウを消します。


まず一番右下のウィンドウアイコンをタッチ
名称未設定のこんな感じになったら、iPhoneのホームボタンを押します。


まず一番右下のウィンドウアイコンをタッチ
ホーム画面に戻ったら、これでSafariが完全に終了されてます。
これでiPhoneが一つ軽くなりました。バッテリーの持ちもよくなりそう


なおSafariが完全に終了したか確認するには「Memory Statusicon」というアプリでプロセスの確認ができるそうです。


てなわけでiPhoneが重くなった際には一度おためしあーれ( ´∀`)