iPhoneのYouTubeが遅い問題を解消するTips。

iPhone 3Gからずっと不満だったのが、「YouTubeが遅いこと。」


 無線LANでも遅いどころか途中で動画が止まっちゃう始末で、しかもそれがiPhone 3GSになっても全然治ってない!


今日イライラが限界にきたので、解決方法を調べてみたらありました!

Wifi接続でYouTubeを見ると何故か重い。何でこんなに遅いんだー?ってネットで調べてみたら「802.1bで接続すると早いよ。gで接続したら遅い」なんて情報が。

iPhoneでYouTubeの再生が遅い場合の対処 - TsutomuUchimaの日記

ってわけで早速やってみました!

※ここではAOSSのバッファロー製品での設定方法を解説します。
※AOSSを切るので、全ての無線LAN機器の設定をしなおすことになります。
※PCでの接続速度は落ちる可能性があるので注意です。

Air Stationに接続しよう!

ブラウザにAir Station Settingのアドレスを入力する。
ブラウザのURL欄に、普通なら「http://192.168.11.1/ 」、ブリッジ接続しているなら「http://192.168.24.100/」と入力してアクセスします。


Air Station Settingに入る前のユーザ名とパスワード
ユーザ名とパスワードを求められますが、ユーザ名にのみ「root」と入力して「OK」をクリックすると「Air Station Setting」にアクセス出来ます。


Air Station Settingの詳細設定をクリック。
詳細設定をクリックします。


AOSSを止める。


無線設定をクリック。

無線設定をクリックします。


AOSSを切断
AOSSが繋がったまんまだと802.1bになることが出来ないので、AOSSを切ります。


802.1bで接続する。


無線基本をクリック。

AOSSを切ったら、無線基本をクリックします。


802.1bで接続設定をする。
するとこのような画面になるので、上のように設定しましょう。


注意なのは、無線モードを11b(11M)-WIFIにして、BBS BasicRateSetをdefault(11b)にすること。


あとSSIDも分かりやすい文字にしましょう。yukachan-netとかw
 設定したら下にある設定ボタンをクリックしましょう。


無線セキュリティをクリック。
あと忘れては行けないのがパスワードの設定。
無線セキュリティをクリックします。


無線セキュリティを設定します。
上のように設定しましょう。(画像クリックで拡大)
WEP暗号キーを13文字きっちりになるように、自分の考えたパスワードを入力します。
設定が終わったら設定をクリックします。


iPhoneにさっき設定したSSIDが!
あとはiPhoneの設定アイコンから、Wifiをクリックして、ワイヤレスを検索すると先ほど設定したわかりやすいSSIDが表示されるはずです。


パスワードを入力。
あとは鍵の部分をタッチして、先ほど設定した13文字のパスワードを入力すれば設定は完了です。


設定がすんだら必ずiPhoneを再起動しましょう。(ロック+ホームボタン長押し。)

さっそくYouTubeを見てみましょう。

さっそくYouTubeを見てみよう!高速化されてるはず!

さっそくYouTubeをみてみましょう。いつもよりYouTubeが高速に視聴できるはずです。
少なくとも途中で固まってシーン・・・ってことはかなり少なくなりました。


YouTubeがまともに見れねー!とお困りの方は一度試してみてはどうでしょうか?