VistaなATOK使いでiPhone 3G使えなくて困っている人のためのATOKからIMEに辞書ファイルをコンバート変換登録する裏技。
2008.07.15現在・・・。 Windows VistaでATOK使いのiPhone 3Gな俺は、超便利なATOKを使うことができません。

なぜならATOKを封殺しないとiTunes7.7が

AppleMobileDeviceHelper.exeは停止しました。

と唸りまくるからです・・・。 でもATOKは使えんと困るわけで・・・。

それなら対応するまでせめてATOK辞書だけは、IMEにコンバートさせようってことで、そのやり方をつづってみました。

僕と同じ不幸なVistaでATOKでiPhone 3Gな方は参考あれっ・・・!εε=ヽ( `Д´)ノ ウワァァァン

ATOK登録辞書をテキストファイルで出力しよう!

ATOKの辞書ユーティリティを開く。 タスクバーの左にあるウィンドウズボタンからスタート画面を立ち上げて「すべてのプログラム」-「ATOK」-「ATOK200x」-「辞書ユーティリティ」を立ち上げましょう。

単語・用例の一覧出力をクリック。 「ツール」-「単語・用例の一覧出力」をクリックします。

参照をクリック。 参照をクリックします。

ime.txtで開くをクリック。 左のデスクトップアイコンをクリックし、ファイル名に「ime」とでも入力して「開く」をクリックしてください。

テキストファイルで出力する。 あとは「実行」をクリックします。 するとデスクトップに「ime.txt」というファイルができます。

ATOKのウィンドウを全部閉じる。 ダダーっと出力されるので終わったら「閉じる」をクリックします。 ATOK関係のウィンドウも閉じてかまいません。

Microsoft IMEにATOK辞書を登録する。

ウィンドウズボタンをクリックし、コントロールパネルを開く。 コントロールパネルをクリックします。

キーボードまたは入力方法の変更をクリック キーボードまたは入力方法の変更をクリックします。

キーボードの変更 キーボードの変更をクリックします。

IMEのプロパティを開く。 Microsoft IMEをクリックし、右のプロパティをクリックします。

IMEの辞書アイコンをクリック。 すると上のウィンドウが立ち上がるので辞書のアイコンをクリックします。

IMEにATOKの辞書を登録。 Microsoft IME辞書ツールが立ち上がるので、「ツール」-「テキストファイルからの登録」をクリックします。

ime.txtをね。 さっきデスクトップに保存した「ime.txt」を選択します。

IMEの辞書ファイルに変換。 するとダダーっと登録されるので、終わったら「ツール」-「辞書ファイルの作成」をクリックします

開け!ポンキッ(ry またデスクトップを選択し、なにもいじらず開くをクリックします。

IME用に変換したATOK辞書をIMEに登録する。 あとは再びMicrosoft IMEのプロパティに戻り、システム辞書の欄の追加をクリックします。

ATOK辞書ファイルを選択。 先ほど作った辞書ファイルを選択します。

Microsoft IMEシステム辞書」をチェックしてOKをクリック。 あとはシステム辞書の欄の一番に下にある「Microsoft IMEシステム辞書」をチェックして、「OK」をクリックするだけです。

おめでとうございます!ATOKの辞書がIMEでも使えるようになりました! あとはATOKの辞書がIMEでもつかえるようになります。

アップルかジャストシステムが対応するまで、これでしのいでいきましょうよ・・・(´Д⊂ヽ