ワールドアパート
ワールドアパート - アジアンカンフージェネレーション

2006年3月に発売予定のアジカンのニューアルバム「ファンクラブ」からの先行シングルカットとなった「ワールドアパート」。

1曲目の「ワールドアパート」、2曲目の「永遠に」は通常どおり後藤正文がメインで歌うが、三曲目「嘘とワンダーランド」はギターの喜多建介が初のメインボーカルとなっておりアジカンの新しい角度が垣間見えるシングルとなっている。

「嘘とワンダーランド」のボーカル入れ替わりにはびっくりしました!(いろんな意味で)

改めて「嘘とワンダーランド」を聴くと後藤正文のボーカルが上手く聴こえてくるから不思議です 友人いわく「やる気ない声」と言わしめた後藤正文のボーカルなんですが、やっぱり独特の迫力があるんですねぇ~。 

実際にカラオケとかで「リライト」を歌うとそれがまたさらに実感したりします。やる気なさげな歌い方を真似してあの迫力を出すのは容易ではありません。たぶんそれなりに上手い人でも難しいんじゃないでしょうか。どうしても「消して~↑」のところがいびつになってしまうんですよねぇ~。やるねぇ後藤さん

「ワールドアパート」の感想ですが、しっかりやる気なさげなんだけどド迫力なボーカルでキッチリ歌ってくれています。

サビなんて叫びすぎてノイズが混じってるような気さえしますね・・・(苦笑) ただ、まだ「リライト」のようなインパクトはなかったです。

しかし最近出す曲出す曲趣向が変わって、いろんなバリエーションで楽しませてくれてるのでニューアルバム「ファンクラブ」が楽しみではありますね。

そんなド迫力をかましてくれる「ワールドアパート」ぜひご試聴あれ♪

関連:ワールドアパートの歌詞
関連:ワールドアパートを試聴