刹那
刹那 - GReeeeN


「刹那」はGReeeeNの10枚目のシングル。 ドラマ「ヴォイス〜命なき者の声〜」の主題歌である。


作詞作曲はともにGReeeeNが担当。


ちなみに初回限定版ではPVである「刹那戦士 ぐりんジャー」が収録されたDVDが付録されている。

ようやく新しいGReeeeNの一面がみえた。

GReeeeNといえばハイトーンボイスのあの声が魅力の屋台骨だとおもってましたが、今回の「刹那」では、ハイトーンボイスはなりを潜めてバックアップに回っている感じですねー。


しかも今までにない作風になっていて、4人もボーカルがいるとこういう風に作風がガラッと変えることができるんだなーと。


曲のイメージはプ自分探しのための宇宙旅行って感じですね~。

刹那の歌詞。

ちょっとこの刹那の歌詞がきびしすぎるな~と思うのは僕だけでしょうか?


そりゃ自分に嘘をつかず、理想の自分に近づくというのは理想だけど、やっぱり何度か自分を騙す作業人生には必要なわけで。


大体自分を騙すことはそんなに悪いことじゃないとおもうんですよねー。


そりゃどんどん自分を削っていく方向に騙すのはダメだと思うけど、いたしかたないこともいっぱいあると思うんですよ。


そりゃみんなカッコよく生きたいけど、色々な事情でそうできないこともあるんです。


この歌詞を聴くと、色々あってしかたなく曲げてきたことすら「それは自分に嘘をついてるんじゃない?」といわれているようでちょっとつらいなーと。


たしかに思うがママに生きていけたら一番いいんだけど、もうちょっとなにかしらのフォローが欲しかった気がするなーと。