FINAL DISTANCE
FINAL DISTANCE - 宇多田ヒカル


「FINAL DISTANCE」(ファイナルディスタンス)は、宇多田ヒカルの8枚目のシングル。 アルバム「Distance」の「DISTANCE」をバラード風にしてシングルとしてリリースされた。


これはある事件の犠牲者の少女が宇多田ヒカルのファンだったことからそうなったとのこと。 パッケージには追悼メッセージが載っている。


DISTANCEとFINAL DISTANCE、やはりファイナルの方が好きだなぁ~。

FINAL DISTANCEの歌詞感想。

「FINAL DISTANCE」を日本語に直訳すれば、「最終的な距離」。 まさに人間関係における人と人との距離をあらわしている歌詞だと思います。


「FINAL DISTANCE」の舞台は喧嘩中の二人の距離感を見事に表していると思いますねぇ~。

FINAL DISTANCEの試聴感想。

「FINAL DISTANCE」をはじめて聴いたとき、まさか「DISTANCE」のリメイクだったとは気づかなかったのは僕だけなんでしょうかねぇ~ う~んやはり耳が腐っていたのか、テレビで丁寧に解説されるそのときまで気づかなかったですねぇ~。


アルバムにあるオリジナルの「DISTANCE」にはそれほど強い印象はなく、惰性で聴いていたんですがこの「FINAL DISTANCE」は、しばらくヘビーローテーション化してしまうほど聴き惚れてしまいました。


「FINAL DISTANCE」の聴き所は、「そのうちに distance も抱きしめられるようになれるよ」のところですかねぇ~。


ここは宇多田ヒカルの声じゃないとダメだろうと心底思わせてくれますねぇ~。このかすれたような声がとてもマッチしていて、曲と声が完璧に融合しているって感じがします。


そんな「FINAL DISTANCE」はアルバム「DEEP RIVER」にも収録されています。


関連:FINAL DISTANCEの歌詞
関連:FINAL DISTANCEを試聴
関連:FINAL DISTANCEをダウンロードicon

Deep River
Deep River
posted with amazlet at 09.02.23
宇多田ヒカル
EMIミュージック・ジャパン (2002-06-19)
売り上げランキング: 2759