Blurry Eyes
Blurry Eyes - ラルク アン シエル


今日から始まるラルクレビューリレー、一発目の曲は、ラルクのデビューシングルとなる「Blurry Eyes」。 作曲をtetsu、作詞をhydeが行った曲となってます。 やはりtetsuらしく爽やかで、ラルクの白の部分の最たるもん的な曲ですね。


なお2006年、8/30に、12cmヴァージョンとしてマキシシングル盤がリリース。(元は8cm)


いや~久しぶりにコレ聴きましたが、hydeの声が若けぇ~(^_^;)

Blurry Eyesの歌詞の内容

「Blurry」を英和辞書で調べてみると、「ぼやけた」、「不鮮明な」という意味だそうで、いくら尽くしてみても、想いを向けたあの人は、濁った目で返されてしまうという、曲調にしては切ない曲となってますね。 歌い手の一方的な片思いの曲って感じでしょうか。


しかし、最後のサビの、「めぐり来る季節に大切な人はもう...」というフレーズなんですが、「もう・・・」ってことは、想いを向けた人は、いなくなってるってことでしょうかねぇ~。 ってことは「心は離れて」のフレーズは、「魂が離れて」という意味にもとれるなぁ~。

Blurry Eyesの試聴感想。

ひっさしぶりに「Blurry Eyes」を聴いたんですが、やっぱりこの頃のhydeの声って、若いっていうか柔らかいですねぇ。 


まぁぶっちゃけて言ってしまうと、ぼくはこの曲はそんなに好みではないんですが、ふっとたま~に聴きたくなりますねぇ。 僕が聴く曲ってヘビーな、くら~い曲が大半なんですが、この「Blurry Eyes」がたまにかかってくれると自然とリラックスできたりします。


まぁ今回初めて歌詞読んでみたんですけど、結局この曲も暗かったんだとちょっと複雑な気分だったり(^_^;)


関連:Blurry Eyesの歌詞
関連:Blurry Eyesを試聴
関連:Blurry Eyesは現在ダウンロードできるところはありませんでした。

Tierra
Tierra
posted with amazlet at 09.02.24
L'Arc~en~Ciel
キューンレコード (1994-07-14)
売り上げランキング: 10488