瞳の住人
瞳の住人 - ラルク アン シエル


「瞳の住人」は、ラルク アン シエルの23番目のシングル。前作の「READY STEADY GO」のイケイケドンドンな曲調から一転して落ち着いた曲調となっている。 アルバム「SMILE」の先行シングルとしてリリースされている。 なおc/wにはhyde以外のメンバーが歌う「READY STEADY GO」をそれぞれ収録されている。


この曲のキーの高さは神級であり、カラオケでこのサビを歌える野郎には心から賛辞を送りたい。

瞳の住人の歌詞感想。

舞台は「冬」。 現実的には短い期間、しかし感じた時間は長い間愛する人にはなかなか会えなかった。 やっと君に出会えたと思ったら、また現実がおとずれてボクは君と離ればなれ。  いつの日かずっと一緒にいれるその日に思いをはせる・・・。


カンタンにまとめるとこんな内容でしょうかねぇ~。 仕方なく離ればなれになる際の「外の空気に首輪を引かれ僕は背を向けた」という歌詞の比喩表現には改めてhydeの言葉のレパートリーの豊富さに圧巻しましたねぇ~。

瞳の住人の試聴感想。

この「瞳の住人」のイントロ部分にある「プア~ン」という音。 昔、母の実家に泊まりに行ってたときの内線にかかる出ばやしの音に似ていて妙に懐かしくなるんですよねぇ~・・・・。


まぁそんなドマイナーな話はおいておき「瞳の住人」の感想なんですが、やっぱこの曲の聴き所といえば「おいおいどこまでキーあがんだよ?オイ(^^;)」とツッコミをいれたくなるラストの大サビ部分「一つの風景画の中」の部分でしょうねぇ~。


一度カラオケで実践したことがあるんですが、元々ドがつくほど低いこの声は、このキーの高さについていけず歌った後何杯もジュースを飲んでノドをうるおすハメになったことを思い出しますよ


ってかこの部分をhyde以外の野郎が歌えることができるんでしょうか?歌える人がいたらぜひ挙手をお願いしたいくらいですよ~。


パッと聴いた感じにはそんなにパッとしない曲のイメージなんですが、最初から最後までを真剣に聴くと歌詞のよさも相まってなかなか味わい深いバラードとなってます。 にしてもこんだけ違う曲調を作り続けることができるラルクの実力ってやっぱスゴイと思いますよ。 カブッた曲がほぼ無い!そこがラルクの魅力のひとつだと気づきましたねぇ~。


そんな新感覚のちぢれ麺的「ラルク アン シエル」の「瞳の住人」一度試聴あれ♪


関連:瞳の住人の歌詞
関連:瞳の住人を試聴
関連:瞳の住人をダウンロードicon(カラオケ.ver)

SMILE
SMILE
posted with amazlet at 09.02.23
L'Arc~en~Ciel
キューンレコード (2004-03-31)
売り上げランキング: 43291