浸食‾lose control‾
浸食‾lose control‾ - ラルク アン シエル


「浸食 lose control」、「HONEY」、「花葬」は、当時初な三枚同時リリースされ大きな話題をさらった。 「HONEY」があるがために、オリコン最高上位は2位だったが、僕自身あの三枚のシングルでは、いや全ラルクの曲中、ダントツの評価をくだしたい名曲。 


よく間違えられるが、「侵食」ではなく、「浸食」である。 なお総売上枚数は、約92万枚。


2006年8月31日には新たに再販され、初回限定仕様には、当時のアーティスト写真をデザインしたピクチャーレーベルがつく。


僕がラルクにハマッたキッカケになった曲!それが浸食!

浸食 lose controlの歌詞感想。

ラルク全楽曲の中でも一、二位を争うダークな内容となっていますねぇ~。PV(プロモーションビデオ)なんて当時怖すぎて見れなかったぐらいだもんなぁw


まず英文を日本語に訳していくと、

▽浸食の英語部分を訳してみた

「I lose control」は「私は自制が効かない」といった感じ。

「Good-morning Mr.Fear」は、「おはようございます。恐怖様。」

「I died then my instinct was born」は、「私は死んで、次に、私の本能が生まれた。」

まさに「おいおいアタマ大丈夫かよ?なにいってんだよ?」といった歌詞内容。


たぶん気が狂った時のことを想像して、hydeが歌詞にしたんではないかと思いますねぇ。 いやぁ常人では、「焼き尽くす太陽 影を黒く染める そう気づけば笑っていた」なんてフレーズ浮かばないですよ。 なんかアタマの中で想像しても怖いw

浸食 lose controlの試聴感想。

ラルクの代表曲は?と問われれば、間髪いれず「浸食!」って答えると思います。


この浸食の内容を深く知るには、プロモーションビデオ見るのが良いかとおもいます。 曲冒頭からhydeの白目の状態がダブって、悪魔?のhydeが歌いだすんですが、これを見るだけでもかなり怖い


特に2番目のサビにはいる直前の白目になったり黒目になったり、今まさに自分自身をコントロールできなくなっていくhydeの演技が秀逸です。 まさにこの曲のテーマである自我の崩壊がよく表れていますよ。超怖いけどw


浸食の場合、歌詞うんぬんより、静かなメロディから、サビに入ると急激に激しいメロディなるところが、聴き所かと思います。「Good-morning Mr.Fear」と歌った後の、あのサウンドは笑ってしまうほどカッコイイですよ。 いや~何度聴いてもカッコイイ!


ライブ版の「浸食」だと「Good-morning Mr.Fear」を速く言っちゃうのが、気に入らないなぁ~w あそこはゆっくり、ゆったり怖~く言ってもらわないと感じでないような・・・・。


とにかくまだ聴いたこと無い方は、ぜひご試聴あれ!自信持っておすすめできます!


関連:浸食 ~lose control~の歌詞
関連:浸食 ~lose control~ラルク アン シエルを試聴
関連:浸食 ~lose control~は現在ダウンロードできるところはありませんでした。

ray
ray
posted with amazlet at 09.02.23
L'Arc~en~Ciel
キューンレコード (1999-07-01)
売り上げランキング: 3678