Vivid Colors
Vivid Colors - ラルク アン シエル


ラルク特集第2発目の曲は、ラルクのセカンドシングル「Vivid Colors」。 2006年、8/30に、12cmヴァージョンとしてマキシシングル盤がリリース。(元は8cm)


ラルクの爽やかな曲を「白ラルク」、暗い曲を「黒ラルク」として、大半の黒ラルクを担当をしているkenが、珍しく爽やかな曲を作曲してるのが、この「Vivid Colors」。


シングル一曲一曲を追うごとにhydeの声が変わっていくのが、面白いですねぇ~。

Vivid Colorsの歌詞の内容

Vivid Colorsを訳すと「鮮やかな色々」となるみたいですね。 


どうやら「Vivid Colors」の歌詞を読んでると、「Blurry Eyes」の続きのように思えますねぇ。 彼女に振られて、それを吹っ切ろうと、先に進もうとしてもがいている自分の姿は、他からどうみえているんだろう?というのを歌ってるんでしょうかねぇ。

列車は今日彼女の街をこえて 知らない風景をつれてくる この色彩に映された僕は何色に見えているのか

Vivid Colors - ラルクアンシエルの歌詞

過去の事を吹っ切る行動を「列車は今日彼女の街をこえて 知らない風景をつれてくる」と書けるhydeは、やっぱスゴイなぁ~。こんなん僕なら絶対おもいつかねぇもん 圧巻。

Vivid Colorsの試聴感想。

中学の時ラルク漬けになってた時は、結構疎遠になってた曲なんですが、今改めて何度も聴き直すと、中々いいなぁ~と。 中学当時は、黒ラルク至上主義派でしたが、今は、こういう爽やかなラルクもまたいいなぁ~と。 やっぱ年なのかなぁ


唯一気になったのが歌詞に、「woo」が入ってたのが気に入らなかったですねぇ


wooなんて掛け声みたいなもんで、なんも意味のないもんだと思うんですよ。 このwooは、気分的、音に歌詞を乗せるためのツナギとしての役目が強い部分で、そんなとこを歌詞に組み込んでしまうのはいかがなものかなと 


まぁこれはラルクにかかわらず、他のアーティストにも言えることなんですけどねぇ(苦笑) 特に気に入らないのは「ラララ」までも、歌詞に表記してしまっている曲!! ああ気になって仕方がない!


関連:Vivid Colorsの歌詞
関連:Vivid Colors - ラルク アン シエルを試聴
関連:Vivid Colorsは現在ダウンロードできるところはありませんでした。

heavenly
heavenly
posted with amazlet at 09.02.24
L'Arc~en~Ciel
キューンレコード (1995-09-01)
売り上げランキング: 7269