シミ
シミ - マキシマム ザ ホルモン

シミ」は、マキシマム ザ ホルモンの4枚目のアルバム「ぶっ生き返す」の12番目に収録された曲である。 

シミを神曲紹介してくれた「mamamasi」さんありがとうございました!

シミの試聴感想。

のっけからキまくるあの重低音。そして後にくるデスボイスによって更にそれは倍加され、合間に入るナヲのボーカルにより心地よい安らぎを一時得て、サビで自然とヘドバンが爆発する!!

「シミ」の音を文字にすると大体こんな感じでしょうか 正直1回聴いただけではウルさく聞こえるかもしれませんが、何回か聴いていくことで段々このサウンドが快感になってくるんですよ。

更にタチが悪いのは、快感になると、他のホルモンの曲を聴いた後でもそうですが、他のアーティストの曲が、しばらく物足りなく感じてしまうんですよ。(´∀`;) これはダイスケはんのデスボイスに秘密があるのでは・・・と思ったりする今日この頃です。

さて「シミ」の聴き所ですが、ダイスケはんのアクセル踏みまくりの超スピードデスボイスでしょう。 ナヲの後にある亮君のサビももちろんです。 これはナヲの女声が上手くトス役に回ってるんでしょうなー。 これもたぶんギャップ効果ってやつでしょうw

男ならこの音を聴いたならなにか感じるものがあるはず・・・。 そう感じさせるマキシマム ザ ホルモンの「シミ」一度試聴してみてはどうでしょうか?

関連:シミの歌詞
関連:シミを試聴