絶望ビリー
絶望ビリー - マキシマム ザ ホルモン

絶望ビリー」はマキシマム ザ ホルモンのアルバム「ぶっ生き返す」の2曲目、アニメ「DEATH NOTE」(デスノート)のEDテーマである。 作詞・作曲は共にマキシマムザ亮君が担当。

これだけの曲がシングルではないとは・・・。

絶望ビリーの歌詞感想。

始め「絶望ビリー」を聴いたときは全部英文の歌詞なんだろうなぁ~と、あまりのスピード感とシャウトの迫力にとらわれてしまいそう思っていましたが、歌詞カードをみてビックリ。 ほぼ日本語の歌詞だとは・・・。

あえて歌詞について語らないでおきましょう。 それはなぜか。 それは「絶望ビリー」を聴けばわかります。

絶望ビリーの試聴感想。

「絶望ビリー」との出会いは、昨日彼女から聴かされたあの夜8時頃。

「いいでしょ!?」

といわれ「これいいな~。」といいつつ、なんかわかんないけど悔しいので、あまり顔に出さず素っ気なく答えたのですが、実は聴いた瞬間完璧に頭から変な汁が出てましたね

「やばい!やばい!これまじかっけええ!」と!

逃げだととられるかもしれませんが、人間ホントに興奮すると、なにも感想なんてでないもんですよ。

だって文句つけようがないくらい全てがカッコイイ!頭から変な汁出てしまったし!今こうして、はっきりとした感想も書けないのに、この曲のすばらしさを伝えたくて記事を書いてしまっている!

特にクセになるのが、「絶望 ザ ビリー いざ倫理」の部分や、「免罪のワールド 制裁のワード」のシャウト部分、そして「マスター 抹殺 運命の自爆」の部分。 絶対歌えるわけないけど、首を振ってこの曲の激しさに突っ込んでいきたい!そんな気にすらさせてくれる!!

そして激しい男達のボーカルの中に、ポツンと存在するナヲの可愛らしいクリアなボーカルもタマラナイ。 これがギャップを感じた時のときめきってやつでしょうかw

ここらが聴きたくて、今日の私のiTunesは「絶望ビリー」でリピートを繰り返しております! しかも爆音で! となりのテスト勉強中の弟すまない! あとちょっとで今日の飯のホルモンだから! その時音消して下へいくから!

・・・・・。

そんな久しぶりに血湧き肉躍ってしまったマキシマム ザ ホルモンの「絶望ビリー」ぜひ一度ご試聴あれ!

関連:マキシマム ザ ホルモン/歌詞:絶望ビリー/うたまっぷ歌詞無料検索
関連:絶望ビリーを試聴