Kindle

Photo by: kodomut

まいど!最近けっこう読書にハマッている、するぷ( @isloop )です。

本は、紙の本、電子書籍に関わらず読んでいます。

ただ、電子書籍を読むときはちょっと前までiPad miniで読んでましたが、最近はKindle Paperwhite 3Gで読むようになりました。

というのも、iPad miniがあるので、Kindle Paperwhite 3Gをなめてたんですね。

本しか読めないおまえに用はない!

くらいに。でも違いました。本しか読めないから没頭できるのだと・・・!

ホームボタンを押してYouTubeやSafariに浮気することがなくなって読書に没頭できるようになった!

Kindle paperwhite 3g
 もし「全日本集中力ないやつ選手権」があるとすれば、堂々15位に入ることができるくらい僕は集中力がないと思います。(゚Д゚≡゚Д゚) ← 僕の集中力はずっとこんな状態だとおもいます。

それは本を読んでても同じ。開始20分くらいで他のことが気になりだします。最近のお気に入りはYouTubeです。iPad miniで本を読むときも、ほぼ100%の確率でホームボタンを2回押しYouTubeアプリを立ち上げていました。

これでは当然、読書は進みません。iPad miniの時は平均1冊2日ほどかけて読んでました。

しかし、Kindle Paperwhite 3Gで読書してから1冊2時間くらいで読めるようになりました。

そう。浮気しなくなったのです。ホームボタンを2回叩くことがなかったのです。まぁKindleでホームボタンを2回叩いても画面がフワっとなるだけだから当然ですね。

あと、軽いから手が疲れないというのも読書に没頭する上で縁の下の力持ち的な役割を果たしている気がします。

基本ベッドに寝っ転がりながら読書するのですが、iPad miniのときは重かったのか、横に寝そべり、ベッドにiPad miniの横枠をくっつけて読んでいましたが、Kindleだと仰向けにして腕をあげて読むことが出来ます。

寝る準備一歩手前の姿勢を取らざるを得ないiPad miniで読んでた時は途中で居眠りすることがとても多かったですが、Kindle Paperwhite 3Gで読み始めてから居眠りが大分減りました。ってか居眠りはまだしてないです。

ということで、Kindle Paperwhite 3Gは凄く良いっていいたかったのです。これ凄くいいです。凄くいいです。

するぷはこうも思った。

するぷ
僕の中で読書は睡眠導入剤でもあったのですが、Kindle Paperwhite 3Gで読み始めてから寝られなくなってしまったという副作用も。