5878136036 d2550f162b b

Photo: wwarby

どうもRetina Macerなブロガー。するぷ( @isloop )です。


マカーなブロガーにとって必須なアプリといえば「MarsEdit」ですが、なんとMacBook Pro with Retina displayでMarsEditを使えば、なにもしないでもRetina対応な画像が貼れてしまうんです。

普通にドラッグアンドドロップで貼ったらRetina対応している。

Skitched 20120702 205211

普通にMarsEditに画像をドラッグアンドドロップすることで、Retinaでも綺麗に表示できる画像を貼る事が出来ます。


Skitched 20120702 210830
Google Chrome拡張機能「Image Properties」で確認すると、imgタグの数字より倍の画像がアップされていることが確認できます。

バグかな?このままでいくのかな?

なんかバグっぽい挙動のような気がしますが、このままでもいいような気がします。いや、やっぱりバグでもないのかな。で500x400ピクセルのサイズのスクリーンショットを撮ると、実際のサイズは1000x800ピクセルになってますしね。


記事のRetina対応って結構大変そうだなぁと思ったけど、MarsEditを使うのならすんなり対応できそうですね。(すくなくとも3.5.4のバージョンでは。)


関連:ぼくがMacBook Pro with Retinaディスプレイを購入した理由。
関連:MacBook Pro Retinaディスプレイモデル Mid 2012 開封の儀!


MarsEdit - the blog editor for WordPress, Tumblr, Blogger and more. MarsEdit 3.5.4 MarsEdit - the blog editor for WordPress, Tumblr, Blogger and more. - Red Sweater Software - Red Sweater Software
価格:¥3,450 (記事公開時)
カテゴリ: ソーシャルネットワーキング, 仕事効率化
Mac App Storeでダウンロードする