Objectiv

いま世に出ているブラウザには、いろいろな特色があります。


例えば、SafariはゴージャスなモーションとiCloudの強力な連携が持ち味ですし、Chromeは超早いレンダリング性能を持っていますし、FirefoxはFirebugによるソースコード解析がマジ神であります。


このように魅力的なブラウザがいろいろ出てる中で、デフォルトのブラウザを1つに絞れというのは大変難しい問題です。


これは、長澤まさみ、堀北真希、柏木由紀が一度に告白してきてその中から一人に絞れといわれているようなもの。大変難しい問題です。(水樹奈々は別格だからここでは省く)


そんななか、長澤まさみ、堀北真希、柏木由紀を一気に手玉にとr・・・いや便利なアプリが登場がしました。


その名も「Objektiv


なんとスッパスパとMacのデフォルトのブラウザを変更できるアプリなのです。

Objektiv - Macのデフォルトブラウザを素早く変更できるアプリ

使い方はカンタンです。


Objectiv
ObjektivにアクセスしてDownload it nowクリックしObjektivをダウンロードしてインストールします。(無料)


Objectivでデフォルトにするブラウザをクリック
起動したらメニューバーにあるブラウザの中からデフォルトに変更したいブラウザをクリックするだけです。


ObjectivのPreference
また、メニューバーをクリックしPreferenceをクリックし、


ショートカットキーの設定も可能
ショートカットキーを指定してやれば、オリジナルのショートカットキーでデフォルトのブラウザを切り替えることができます。僕はcommand + option + Bと指定しました。


Objectivのショーカットキーをつかってアプリを切り替える図
ちなみに、ショートカットキーを叩けばこのような画面が表示され切り替えられます。マウスはもちろん数字入力による切り替えも可能です。

デフォルトのブラウザを素早く切り替える利点とは?

別にデフォルトのブラウザを切り替える必要なんてないんじゃないの?と思われる方もいるかもしれませんが、ブラウザをフルに使うにはデフォルトの設定は必須です。


例えば、TwitterアプリでURLをクリックしたとしますよね。ここでデフォルトのブラウザを指定していないと、自分が使いたいブラウザ以外のアプリが立ち上がってしまう場合があります。(Macにブラウザを1つしかいれていなければ話は別ですが)


これは結構ストレスというかめんどうです。だからデフォルトのブラウザを設定する必要があるのですが、このブラウザのデフォルト設定も結構面倒だったりします。何クリックもしないとその設定項目に辿りつけないわけですね。


しかし、Objektivを使えばあっという間にそれが出来ます。


素早く出来ると言うことは、1つのブラウザに依存しなくてもよくなったってことですね!


長澤まさみ、堀北真希、柏木由紀を一気に手玉にとrというのはそういう意味です。(ぇ


【関連】1円も使わずMacを高速化出来る8つの方法。