今日は、新MacBook Air (late 2010)の打鍵の気持よさについて語ります!

旧型Airにくらべて格段にガッチリした新MacBook Air late 2010

また、今日もキーボードについて語りますが、新MacBook Airのキーボードの打鍵感は素晴らしい!


というのも新Airは、非常にガッチリしてるんですねー。ガッチリしてるからキーボードを強めに叩いても、きっちり受け止めてくれて、ダダダと打鍵していても非常に気持ちがいい!


これを体験してしまうと、旧Airはフワフワしていたなーと。


たしかにテーブルの上においてもしっかり地についてなかったんですねー。トラックパッドの右、もしくは左に手をおくとカクっとしちゃう。


それに比べ、新MacBook Airは同じくらい薄いのにも関わらず非常に地に足がついている。膝の上に載せても、しっかり僕の指先のパワーをどっしり受け止めてくれてくれる。


いやー、おそらく新Airの真っ直ぐとしたデザインの賜物なのでしょうなぁ。丸みをおびた旧Airと違ってアルミが歪まないから、こんなにも質実剛健なのでしょう。


関連:MacBook Air - Apple Store