A10 Fusion

TECH TASTICによると、macOS Sierraのカーネルソースコード(OSの中核をなす部分)にiPhone7の頭脳である「A10 Fusion」の記述があったそうです。(情報元: 気になる、記になる…

Arm macos sierra

Photo by: TECH TASTIC

コードには「ARM_HURRICANE」と記述されており、A10 Fusionのコードネームが記載されています。

A10 Fusionは、最近ソフトバンクが買収したARMのチップが採用されており、今までのIntelチップよりも低電力になり、よりMacのバッテリーが持つことが期待できますね。

iOSアプリがMacで動かせるようになると良いなぁ。iOSライクにMacのアプリが書けるようになることも期待したい。

しかし、ARMベースとなると、従来のMacアプリがきちんと動くのか心配ですし、Windowsのブートキャンプが難しくなると思いますが。 Parallels Desktopなどによる、Windowsの仮想化も難しくなると思われますが、そう考えるとMacのA10 Fusionチップ採用が良いことばかりではない気もしますが。

ちなみに、A10 FusionのベンチマークスコアはMacBook Airを超えています。

ベンチマークスコアシングルコアマルチコア
MacBook Air(13-inch Early 2015)3,2105,579
iPhone 73,3955,490
iPhone 7 Plus3,4495,605

近々、新型のMacが登場するという噂もありますが、はてさてどうなりますかね。

こんな記事もどうぞ。