macOS Sierraをクリーンインストールする方法。

OSの名前がOS XからmacOSに移り変わろうとも、Macがメジャーバージョンアップしたらクリーンインストールするのが私の流儀。

今回も、macOS Sierraをクリーンインストールしたいと思います。

クリーンインストールのメリットといえば、やはり「過去の遺産を残さないまま綺麗にインストールできる」ことですね。遺産を残さないので普通にインストールするより空き容量が広がりますし、パフォーマンスもよくなります。

逆にデメリットといえば、「手間がかかる。」「データを一旦全部消すのでバックアップを必ずとる必要がある。」「失敗すると元に戻らない可能性がある。」といったところでしょうか。

実際、今回僕も一回失敗してやりなおしています。(バックアップがあるので大丈夫ですけど。)

そんなわけで上級者用のTipsですので、初心者の方や、自分でなんとかできない人は絶対に行わないでください。

真似したとしても完全自己責任です。どうなっても当方は一切責任は負いません。

まずMacのバックアップを取ろう。

クリーンインストールはストレージから全てのデータを削除して行います。

よって行う前に、必ずデータのバックアップを取っておきましょう。クリーンインストールする前に、大事なデータをMacとは別のディスクに移動させておくのは常識です。

ちなみに、Time Capsuleを使うと自動でバックアップを取ってくれるので非常に便利です。デザインもカッコよく、2TBと大容量でオススメです。(自動といっても逐一バックアップを取るわけではないので、クリーンインストールを行う前に必ず自分でバックアップを取るようにしましょう。メニュバーのTime Machineアイコンをクリックでバックアップを取ることが可能です。)

macOS Sierraのクリーンインストールの手順。

注意:なんども口すっぱく言いますが、クリーンインストールを行う前に必ずバックアップは取りましょう。実行は自己責任のもと行ってください。

まず、Mac App Storeから普通にmacOS Sierraにアップデートしましょう。↓↓

macOS Sierraにアップデートできたら、メニューバーにあるリンゴマークをクリックして一旦システムを終了させます。↓↓

システム終了

電源が切れたら、command + r + 電源ボタンを同時押しします。↓↓

command + r + 電源ボタン

ジャーンとなったら電源ボタンだけ指から離します。Appleマークが出たらcommandとrキーも指から離します。↓↓

Appleマークが出たらキーから指を離す。

この画面になったら日本語を選択して矢印ボタンをクリックします。↓↓

日本語を選択。

ディスクユーティリティをクリックします。↓↓

ディスクユーティリティをクリック

Macintosh HDを選択し消去ボタンをクリックしてください。

Macintosh HDを選択し、消去をクリック。

こんなダイアログが出るので、フォーマット「Mac OS Extended(Journaled)」を選択し消去ボタンをクリックします。↓↓

消去をクリック。

しばらく待ちます。↓↓

Macintosh HDを消去中。。。

完了をクリックします。↓↓

Macintosh HDの消去が完了しました。

Macintosh HDが下のように綺麗になったら左上の赤いボタンをクリックしてディスクユーティリティを閉じます。↓↓

ディスクユーティリティを閉じます。

右上のWi-Fiをクリックしてネットに接続しましょう。↓↓

Wi-Fiに接続します。

ネットに繋がったらmacOSを再インストールをクリックします。↓↓

macOSを再インストールをクリック。

続けるをクリック。↓↓

続けるをクリック。

続けるをクリック。↓↓

続けるをクリック

同意するをクリック。↓↓

同意するをクリック。

空になったMacintosh HDを選択して、インストールをクリックします。↓↓

Macintosh HDを選択してインストールをクリック。

macOS Sierraのクリーンインストールが開始されました。完了するまでしばらく待ちましょう。。。↓↓

macOS Sierraのクリーンインストールが開始されました。

あとは、macOS Sierraの設定をするのみです。

日本を選択して続けるをクリックします。↓↓

ようこそ

日本語を選択し、続けるをクリックします。↓↓

キーボード入力を選択

Wi-Fiに接続します。↓↓

Wi-Fi

今は情報を転送しないを選択し続けるをクリックします。↓↓

このMacに情報を転送

続けるをクリックします。↓↓

位置情報サービス

自分のApple IDとパスワードを入力し、続けるをクリックします。↓↓

Apple ID

二段階認証をオンにしている場合はここで本人確認が必要です。自分にあった項目を選んでください。ここでは自分が持っているiPhoneを選択します。↓↓

本人確認

iPhoneに表示された番号を入力します。↓↓

本人確認

利用規約を確認し、同意するをクリックします。↓↓

macOS Sierraの利用規約

同意するをクリックします。↓↓

同意する

コンピュータアカウントを設定してください。↓↓

コンピュータアカウントの設定

しばらく待ちます。↓↓

iCloud

iCloudキーチェーンを設定したい人は、iCloudキーチェーンを設定を選択して続けるをクリックします。↓↓

iCloudキーチェーン

自分にあった項目を選んでください。ここでは別のデバイスから承認を選択して続けるをクリックします。↓↓

iCloudキーチェーン

OKをクリックします。↓↓

OK

自分にあった項目を選んでください。ここではすべての項目にチェックを入れて続けるをクリックします。↓↓

FileVault

ここも自分にあった項目を選んでください。ここでは、書類とデスクトップをiCloud Driveに保存をクリックします。↓↓

ファイルをすべてiCloudに保存

ここも自分にあった項目を選んでください。ここではすべての項目にチェックを入れて続けるをクリックします。↓↓

診断と使用状況

ここも自分にあった設定を選んでください。ここではSiriを有効にして続けるをクリックします。↓↓

Siriを有効にする

お疲れ様です。設定は完了です。↓↓

Macを設定中

デスクトップが出れば、macOS Sierraのクリーンインストールが完了です。↓↓

macOS Sierraのクリーンインストールが完了しました。

あとは、Time Capsuleでバックアップを行っている方は、macOS標準アプリの移行アシスタントを使ってデータを復元しましょう。

ちなみに、これが普通にアップデートした時の残り容量。↓↓

普通にアップデートした時のストレージ。

これがクリーンインストールして、Time Machineでバックアップから復元した時の残り容量。↓↓

クリーンインストールした時のストレージ。

80GB近く空き容量が増えていますね。やはりクリーンインストールはスッキリと出来ますなぁ。

macOS Sierraのクリーンインストールを終えて。

前述しましたが、今回僕はmacOS Sierraのクリーンインストールを一回失敗しています。

インストール中残り-4秒と表示されたまま途中で止まってしまったんですよね。。。

一応キャンセルをクリックしてやりなおしたのですが、僕が持っているMacBookの元々のOSであるマウンテンライオンを再インストールするハメになってしまい、再度Sierraにアップデートしてさらにクリーンインストールするハメになってしまいました。。。トホホ

というわけで、クリーンインストールはリスクを伴いますので、実行するなら、自己責任のもとくれぐれも気をつけて行ってくださいませ。。。

macOS Sierraの新機能のチェックはこちらから。

macOS Sierraの新機能の使い方まとめ。必ず見逃してはいけない新機能7つ!