Trickster
Trickster - 水樹奈々

「Trickster」は水樹奈々の18枚目のシングル。 アニメロミックスのCM曲となっている。
作詞は、水樹奈々自身が、作曲は上松範康が担当している。

c/wには「Trinity Cross」、「DISCOTHEQUE」が収録。

こんなロックな曲調もできるんだなぁ~上松範康殿は。

ストリングスが一切ない上松範康曲。

ストリングスを多様した音で、壮大なイメージな曲を作る印象がある上松範康曲なんですが、今回の「Trickster」は、まったくその様子がありませんねぇ~。

こんなロックロックな曲もかけるんだなぁ~と、曲の印象よりそっちに興味がいってしまいしたねぇ~。

Tricksterの意味を直訳すると詐欺師。

驚いたのが、おなじみのエキサイト翻訳で「trickster」を翻訳すると、出た意味が「詐欺師」ということ。

歌詞を読んでいくと、どうも感情を押し殺していた様を「詐欺師」と表現している感じですねぇ。

Tricksterの歌詞はマイナス思考をプラス思考にするのにうってつけかも。

人に嫌われたくないから、叱られたくないから、迷惑をかけたくないから、といった様々な理由で、感情を殺してしまったりするのですが、そういうのに、あまりとらわれたりするのは、人生面白くないわよ!と、いった歌詞になっているとおもいます。

僕も最近持ち前のマイナス思考を止めてみようと思い、色々試していますが、どうやらなにか変われるキッカケをつかんだ気がしています。

そのキッカケと同調するのが、「Trickster」の歌詞のこの部分。

不意に襲う孤独はね Level upへのsignalだから

引用元:Tricksterの歌詞

不安に感じるのは大変嫌なことなんですが、それを解消すると人間成長するというのは、最近マジに実感することで、辛いけどそれを乗り越える手段を手に入れれば、後の人生すんごいラクになんじゃん!みたいな発想ができるようになってきたんですよねぇ。

大体嫌なこととかは、不得意なこと、面倒なことは、一度経験してしまうことで、意外に簡単に解決できちゃったり、慣れちゃったりして、乗り越えれば、レベルアップするのだと思えば、結構なんでも楽しくできちゃったりするんですよねぇ~。

ずっとつらいと思わず、どんどん慣れちゃって、どんどんラクになる、スムーズになる、糧になっていくと発想するだけでずいぶん気持ちが軽くなるもんです。

最近実感していたことを奈々様にズバッと「Trickster」で歌われたモンで感動しましたー。

考え方をポジティブにするには、「Trickster」はおすすめかと!