JAM Projectのライブにいってきましたーレポート
報告がめちゃくちゃ遅れましたが、2月16日に大阪NHKホールにて、「DAIMONZI-X」の「大鋼断」と、「歌詞ばかっ.jp」の「PEU嬢」とで、JAM Projectのライブ「No Border」にいってきましたー!


初のフルライブ、初のアニソンライブと結構緊張しましたが、いってしまえばめちゃくちゃハジけるライブでもの凄くよかったですー。 こりゃ今度はファンクラブに入ってイイ席でみないとなー。 ってことで、カンタンに報告しますね(´∀`)

場所はNHK大阪ホールでしたー。

大きな地図で見る


この地図じゃわかりにくいですが、地下鉄の谷町4丁目の駅の9番・・・だったかなそこを登ってすぐでした(´∀`)


tanimachi-detatoko.jpg
登ってすぐの広場の写真。 この人らは、たぶんJAM Projectのファンだったとおもいます。 それっぽい人たちでしたからw 右側の人だかりは、ファンがギターをもってJAM Projectの歌を歌ってました。 残念ながら写真をとるのを忘れた・・・・orz


nhk-hall-1timemae.jpg

nhk-hall-1timemae2.jpg
NHK大阪ホールに到着。 開場1時間前くらいについたのですが、もう並んでました。 ん?みんななぜかもってるはずのないNo Borderのグッズを持ってるではないか・・・。 なんでだ?( ゚д゚) 


ってことで、一応写真はここまでに。 やっぱりライブ会場でカメラは御法度で、肝心なところはとれませんでした(^_^;)

ものすごい「燃え」たライブでした!
会場についたら、開場時間まで、NHK大阪ホールにある喫茶店で待ってたんですが、気づいたら人が並びまくっていたので、並ぶことに


まぁ指定席なので、別に急いで並ぶ必要もなかったのですが、「ツイよツイ」(キキ談)


ってことで普通に並んでいたのですが、みんな何故か「No Border」グッズを持ってるわけですよ。 そういえばグッズコーナーがないじゃん!と焦っていたら、「もうグッズ販売は終わったみたいですよ」と、となりの人にアドバイスされ、「明日もありますから」と慰められるw


リーダーの大鋼断に避難が集中し、フルボッコに責めたてましたが、ちゃんと会場につけば、ありました(´∀`)


一応「サイリウム」と「エコバック」だけ買ったのですが、自分のセコさに後から情けなくなりましたw ちゃんとトイレもすませて会場にIN。


席は大分後ろだということは聞かされていたのですが、案の定めっちゃ後ろでしたw まぁでもホールってこともあって後ろは高く、意外に見やすくもあったのですが、これはちゃんとファンクラブに入ってイイ席とらないとなーと思いましたねーw(JAM Projectにはファンクラブはないみたいですが・・・


ってことで席について、さっそくサイリウムをとりだしたのですが、サイリウムの光らし方がまったくわからない・・・・。 となりの「大鋼断」に、これどうやって光るんだ?と聞いても「わからん。わからん。」の一点張り。 となりの「PEU嬢」に聞くとサイリウムを振りまくれば光るんじゃと無心に振りまくる始末・・・。


この光景・・・。 知ってる方から見ればめちゃくちゃ苦笑ものだったろうなーと今思い出すと赤面ものなのですが、結局「大鋼断」がとなりの人に聞いて、なんとかサイリウムの光らせ方がわかりましたw いやーやっぱ知らんって恥ずかしいね~。 (となりの人ありがとうございました!)


ってことで、色々あったけどようやくJAM Projectのメンバーが登場し、新曲「No Border」と共にライブスタート。 一応ライブ曲目はこうでした。(引用元:ブログ名募集中w JAMのライブ二日とも行ってきた

01.No Border
02.Rocks
03.STORMBRINGER
04.限界バトル
05.Dead or Alive
06.SHURAKI
07.牙狼~SAVIOR IN THE DARK~
08.未来への咆哮
09.Divine love
10.Salvage
11.RISING FORCE
12.紅の牙(アコースティック)
13.Garimpeiro(アコースティック)
14.DRAGON STORM 2007
15.Battle Communication!!
16.Portal
17.Break Out
18.VICTORY
19.SOULTAKER
20.HERO
アンコール
21.GONG
22.鋼の救世主
アンコール2
23.SKILL

かなり後ろの方だったので、メンバーの顔があまりハッキリわからなかったけど、歌声がとどいた瞬間、めちゃくちゃテンションあがりましたね~。体の方はまだ恥ずかしがっていましたがw


そういえば一発目のMCで、新幹線大暴れの一件について影山ヒロノブ長老がしっかり謝罪してました。


ライブのノリを壊さずに、ちゃんと謝り、しかもちゃんと笑いもとるという。 いつ謝罪MC入るかなーと少し期待していたのですが、冒頭一発目から謝罪MCとは。 う~ん!男らしかった!


ってことで、曲がまた始まったのですが、さてここでまた一つの問題が・・・・。


「新曲が全然わからん!!」


一応移動中の電車の中で今回の主軸アルバムとなるだろう「Big Bang」の曲は聴いていたのですが、あまり集中して聞いてなかったもので、ほとんど覚えていない始末w うーん。すまないJAM Project・・・。


一応知らない曲でも、サイリウムガンガン振り続けて一応乗ってるフリはしてましたが、頭の中は真っ白で・・・。 となりの今回の首謀者でもある「大鋼断」ですら、あまり知らんかったらしく、「PEU嬢」に関してはサイリウムすらもっていない・・・w


これから2時間これで、大丈夫なんだろうかと不安でいっぱいになりましたが、「牙狼」が始まったら、これは知っているのでノっていけましたねー。 今までのもたつきはなんだったのかというくらい。


そしてここで一つの反省・・・。


「やっぱり知らんということは罪だ!」


これからライブに行く予定の方・・・。 きっちり頭の中で曲が再生できるくらい聞き込んでいきましょう!w


しかし、また「牙狼」以降はしばらく知らない曲ばかりのわけです。。。 あ~ちゃんときいておけばよかったな~と後悔してましたが、ちゃんと知っている「VICTORY」以降からまったく変わりましたねー。 テンションが。


ってか客全員の意識もあそこで変わったんじゃないかと思うくらい、あの「VICTORY」がキッカケで会場がもの凄く一体となったというかねー。 もう見渡すとみんな絶叫してるわけです。


「なんでおれらがこんなに汗かかなくてはいかんのだ」と思うくらい、親の敵のようにサイリウムを振り、そしてJAM Projectと共に合唱する。 そんなにライブ経験ないけれど一緒に大声で合唱できるライブなんてそうはないと思うんですよねー。 いや~。あのみんなのエネルギーは感動しましたねー。


JAM Projectではアンコールコールのとき「モット!モット!」というのが通例のようなのですが、これが別に言わなくても周りがいってくれるのに、つい大声で叫んでしまいましたねー。 アドレナリンでまくりでしたよw


アンコール以降の「鋼の救世主」、「GONG」、そして「SKILL」のころには、2階のほとんどのサイリウムは光らなくなってましたが、みんなが汗かきながら手を振って絶叫してました。 あの一体感はもう一度味わってみたいなー。 どうせなら今度はちゃんと一階で。。。


うーんここまで、かなり殴り書きですが、むちゃくちゃよかったですよー。 JAM Projectのライブ行こうか迷っている方は、絶対行った方がいいとハッキリいえますねー。 


僕みたいなにわかファンでもこれだけ楽しめたのだから、ちゃんとJAM Projectを聞いている人はとくにいった方がいいと思います。


グッズ購入をケチった僕ですが、ライブ終わった後は、Tシャツとパンフレット買ってしまいましたからねーw あれは買わんと申し訳ないとすら思いましたw


nhk-hall-night.jpg
ってことで、帰りにフグくって(あんまり美味しくなかったけど・・・)ホテルへ帰りましたー。 翌日にも興奮がさめずに3人で、JAM Projectカラオケしてきましたからw ライブってやっぱり凄いですw 今度は水樹奈々のライブを目指していきます! 今年こそ水樹奈々のファンクラブに入らないとなー(^_^;)

JAM Project「No Border」のグッズ写真。
ってことで「No Border」グッズを色々買ったので写真をとっておきました。


jam-t-no-border.jpg
JAM Project「No Border」Tシャツ。 ロングバージョンもあったのですが、これなら冬でもきれるだろうとこっちを選択しましたー。選択したら色落ちが怖いから黒以外にすればよかったかなー(´∀`;)


no-border-bag.jpg
JAM Project「No Border」エコバッグ。 価格500円と使い勝手の良さで、これが一番お得感がありましたねー。 ぼくがまだ高校生なら登校につかってたなー


panfu.jpg
JAM Project「No Border」パンフレット。 この人ら平均年齢ホントに40代なのかと思うくらい若々しいw 一番ビックリしたのがきただにひろしさんの年齢が30後半だということ・・・。 うーんリアル剣心だなー。 まぁパンフレットには西暦は書かれてありませんでしたが