ラップが歌える!3つの方法。
ラップが入っている曲が最近かなり当たり前になってきてる今日この頃なんですが、ラップが入ってる曲は気軽にカラオケでは歌えない弊害もあったりする今日この頃。


そこでラップがカラオケで歌えるようになる3つの方法を自分の経験を元にまとめてみました!

1.ラップパートを聞きまくりながら口ずさみまくろう!
ラップパートは、大体頭に歌詞が入っていないと歌えません!


ある程度頭に入っていないと、どうしても歌っている途中で止まってしまうんですねぇ~。 しかし歌詞を完璧にトレースして覚えるのは大変です。


そこで歌詞を完璧に覚えなくてもいいので、そのラップパートを聴きながら歌っていきましょう。 もちろん声に出してです。 家で歌うのが恥ずかしいなら運転中のクルマの中でもいいでしょう。 歌詞カードを見ながらだと、なお効果的です。


繰り返し声に出してその部分を歌っていくと自然にそのラップに口が慣れていきます。 一晩寝て翌日歌ってみると自分で驚くほど口が慣れている&歌えているのがわかります。

2.失敗してもいいから一度カラオケで歌ってみる
初めてラップをカラオケで歌うと大体失敗します


CD音源とは音も違うしテンポが微妙に違ったりするからです。 しかし一通り歌ってみましょう。失敗してもかまいません。 そして間を開けてもう一度同じ曲を歌ってみるのです。 するとこれまた自分でも驚くほど歌えるようになってます。 同じ曲を3度くらい経験すればほとんど歌えていると思います。

3.男ならラップ練習する曲はケツメイシの「さくら」!
実は僕のラップデビュー曲はケツメイシの「さくら」でした


自分の好きな曲で練習するのがイチバンですが、その曲がキーが高かったり、難易度が高い場合はケツメイシの「さくら」で練習しましょう。 ケツメイシの曲はキーもそんなに高くなく、男の場合ほとんど地声でラップが歌えます。 しかも「さくら」はそんなにラップ部分が多くなく難易度も高くありませんので。


さて女の子ならどうしたらいいの?っていわれると思うんですが・・・・どうしましょう・・・(^^;)


ラップが歌えない!というあなた。 あきらめる前に一度この3つの方法を試してみてはどうでしょうか?保証は一切いたしませんが・・・・