人前でカラオケが歌えない人が歌えるようになる3箇条とは?
人前でカラオケが歌えない・・・・。


実は僕も高校卒業するまでそうでした。 そうキッカケは幼少のころ両親の前で歌ったミスチルの「花」・・・。


両親にボロカスにいわれ、心に深く傷を負い、「もうカラオケなんて歌うもんか」と堅く心に刻んだものですが、ある3箇条を知ることでこのトラウマから解消されました。


人前でカラオケが歌えない人はこの3箇条を胸にカラオケデビューを果たしてみては?

1.カラオケで歌う曲は、ちゃんと予習・復習しておけ。
途中で歌詞が飛んでしまい、あがってしまわないための処置です。


カラオケってちゃんとテロップでるじゃない?


と思われる方もいますが、実はこれはほとんどあてになりません。 ある程度音程をつかんで、歌詞をうろ覚えでも把握しておかないと口がついていかないものですから。

2.J-POPを歌うとガチ感がでる。アニソンで自分をごまかせ。
カラオケ初心者は、J-POPを歌うよりアニソンを歌った方がいいと思います。 しかも難易度が低くて、みんなが知っている曲がおすすめですね。 とくに「マジンガーZ」や「仮面ライダー」なんかがおすすめです。


これはJ-POPを歌うことで、途中で照れくさくなってしまい投げ出さないようにするための処置です。 アニソンだと「おれはそんなに真剣に歌ってないよ」と自分をだませることができます。 しかもかなり熱をいれて歌ってもギャグとして通用するのでおすすめです。


実は僕は「マジンガーZ」のおかげで、初めて人前でカラオケが歌うことができました

3.あなたの歌声なんて誰も聴いちゃいない。
そんなこんで僕らが真剣に歌ったところで、ほとんどの人が聴いていません。 次に自分がいれる曲をチョイスするのに必死になっているのです。 それは人数が多いカラオケであればあるほどその傾向が強いです。


一度歌わなくてもいいからカラオケの現場をみてみましょう。 いかに歌い手が切ないのかがわかります


誰も聴いていないのなら、下手でもプレッシャーを感じる必要なんてないじゃありませんか!

最後に
「人前でカラオケ歌えないから、おれはヒトカラで歌うんだ」といっていた人がいましたが、一人でカラオケ部屋借りれる根性があるなら、人前で歌うことぐらい朝飯前じゃないかと思うんですが・・・・