Prepaid card sim in filippine 03

まいど。現在フィリピンにきている、するぷ( @isloop )です。

当たり前ですが、外国人はプリペイドSIMを購入しないとフィリピンでネットすることは出来ません。

ということで、今日はプリペイドSIMを使ってフィリピンでネットする方法を書いてみたいと思います。

フィリピンでネットするのに必要なもの。

・SIMフリーのスマートフォン

・FULLY LOADED SIMカード(Globe製)

・Call,Text and Internet PREPAID LOADカード(Globe製)

必要なのは以上の3つのみです。ドコモのスマホを持っている方はどなたでもSIMフリーできるはずなので、フィリピンに来る前に手持ちのスマホをSIMフリーにしてもらいましょう。2,000円で可能です。

大きなスーパーマーケットや、空港などで売っていると思います。

まず、FULLY LOADED SIMカードと呼ばれるSIM自体と、そのSIMを使えるようにするためのプリペイドです。僕はGlobe製のSIMカードを購入しました。

フィリピンのプリペイドSIMカードの価格は?

SIM自体は40ペソ(日本円で100円)、プリペイドカードは、1ヶ月使える一番高いもので、500ペソ(日本円で1,250円)と非常に安価です。

フィリピンのプリペイドSIMカードを実際に設定してみよう。

Prepaid card sim in filippine 02

Prepaid card sim in filippine 03

購入したFULLY LOADED SIMカードをSIMフリー端末に挿入します。

Prepaid card sim in filippine 15
次に、Call,Text and Internet PREPAID LOADカードを準備します。

Prepaid card sim in filippine 14
Call,Text and Internet PREPAID LOADカードの裏に書いてある223に電話します。そのとき、Cell & Text CardのNo.とCell & Text Card Pinを尋ねられるので、順番にダイヤルしましょう。(ピンクで囲っているのが、Cell & Text CardのNo.青で囲っているのが、Cell & Text Card Pinが記載されている場所です。)

電話が終わったらSIMカードにチャージが完了します。

APNの設定
名前(自分がわかりやすい名前に。)
APNhttp.globe.com.ph
プロキシ空白
ポート空白
ユーザー名空白
パスワード空白
サーバー空白
MMSC空白
MMSプロキシ空白
MMSポート空白
MCC(デフォルトのままで)
MNC(デフォルトのままで)
認証タイプPAPまたはCHAP
APNタイプdefault

次にAPNの設定をします。上の通りに設定しましょう。(チャージした時点でAPNの設定が完了する場合もあるとのこと。)

APNの設定はモバイルネットワーク設定のアクセスポイントで出来ます。APNの設定が見当たらない場合はそこらへんを探してみましょう。

ここまで設定が済んだら、さっそくみたいウェブページに飛んでみましょう。ネットができるはずです!

するぷはこう思った。

するぷ

ネットができるとは行っても、やはり日本に比べて電波の強さ、速さは貧弱です。あまり過度な期待をせずにフィリピンでのインターネットを楽しんでください!