こち亀ジャンプ 2016年 9/21 号 [雑誌]: 少年ジャンプ 増刊

こんにちは!こち亀ファンの、するぷ( @isloop )です!

もう小学生の頃からずっと読んでいる漫画がこち亀です。今、少年週刊ジャンプで掲載されている漫画はもうほとんど読んでいませんが、こち亀だけは読んでしまいます。

また、30〜99巻あたりは、今でも何回でも読み返してしまいます。まさに僕のバイブルといってもいいギャグ漫画でございます。

そして、今やこち亀は、199巻目。そして、なんと200巻で連載終了が発表されてしまいました。

連載終了となった今、こち亀を振り返りたいところですが、あまりに膨大な巻数にのため、何巻に何の話があったのか特定するのが難しいですよね。

Kindleがオープンしてしばらく、夜中にこち亀を一冊買買って、読みながら眠りにつく事がちょっと習慣のようになっていましたが、やはり巻数が膨大すぎてどれを買えばいいのか迷うこともしばしばで・・・。

そんなときに便利だったのが「こち亀データベース」。

これが、あればこち亀のコミック全巻のあらすじを把握することができます!

こち亀を購入するときに鬼便利な「こち亀データベース」

こち亀エピソードガイド

こち亀データベースでとにかく便利なのが「エピソードガイド」です。こち亀全巻に収録されている話のエピソードが読めてしまいます。↓↓

Kochikame episode guide detail

見て下さい!各話のエピソードが簡潔にまとまっています!
うーむ。便利すぎる・・・。これはこち亀購入が捗りすぎるぞ・・・。

秋元治のコメント

また、各話が週刊少年ジャンプに載ったときの作者のコメントもまとめています。こち亀愛にあふれまくっとりますな!「こち亀データベース」!!!

するぷのこち亀コミックセレクション

さて、ここで私、するぷのベストこち亀コミックベスト3をご紹介しましょう。

まず3位は98巻。

この7話目に収録されている「両さんのパソコン講座の巻」を読んで、強烈にが欲しくなり、親父に懇願してパソコンを買ってもらったのは良い思い出です。僕がブログを書いて生活するということの最初のキッカケをくれたのは、この巻かもしれません。次の話に収録されている「インターネット駄菓子屋の巻」もちょーおもしろいです。パソコン用語集もむさぼり読んだなぁ・・・。

第2位は、58巻。もう単純に7話目の「顔は口ほどに物を言いの巻」の両さんの顔が面白すぎる。当時初めて読んだときは腹がよじれまくりました。10話目の「史上最大の闘いの巻」では、ついに神とも闘う両津巡査長。ぜひこち亀を読むならおさえておきたい一冊。というか50から59巻は絶対読んでおくべきです!

第1位は、81巻。表紙がなくなってボロボロになっても繰り返し読んでたのが、この81巻。別に特別なことは何もなかったのですが、これを近所のパン屋さんで買ってもらったことは強烈に記憶にのこってます。話も面白く、6話目の「怒りの心にカルシウム」や7話目の「両津家120年の味は!?」は相当面白いです。特に7話目の「両津家120年の味は!?」は梅干しを漬けてみたいと小学生に思わせてくれた話です(笑)ギャグ漫画以上にスーパー雑学漫画である、こち亀のエキスを存分に味わえるコミックといえるでしょう。

するぷはこう思った。

するぷ

いやーやっぱりこち亀はいいですねー。何時読んでも面白いし元気が出る。時代時代のネタが入っているので、少し前のコミックを読むとその時の時代背景がさーっと蘇って懐かしさに浸ることもできます。

ぜひ秋元治先生にはターミネーターになってでも、僕のために永遠にこち亀を書き続けて貰いたいと思っていましたが、次回作に期待したいですね。読み切りの可能性もあるようですし。

ちなみに、和洋風ではこんな記事も書いています。